2016年10月前半まとめ

2016/10/06、10、11

個展が近づいてきているのでなかなか探索に行けない。行けたとしても遠出はできないのであまり収穫がない。

6日は京都市内に知人の展覧会に行くついでにいつもの公園にキノコを見に行った。まずセミノハリセンボンを探したが一つも見つからない。次にミヤマタンポタケの坪を見に行った。食べられるものも含めて非常に多くのきのこが出ていたが、目的のミヤマはなかなか見つからない。しかたがないので普通のきのこの写真でも撮ろうと三脚の準備をしていると、すぐそばの朽木から見覚えのある頭部が出ているのに気付いた。この種は朽木生ではないが、木が分解した土が好きなのか朽木のすぐそばに出る傾向がある。今回も一見朽木から出ているように見えるが、木はほとんど分解されて土と化している。周りを調べると10本あまりが見つかった。
miyatan161006d.jpg

miyatan161006c.jpg

miyatan161006a.jpg

miyatan161006b.jpg

miyatan161006e.jpg
Tolypocladium intermedium f. michinokuense
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 06 Oct. 2016.


10日はK川に行ったが大雨で水嵩が増えていてクモ生探しはあきらめた。継続観察中のフタイロスカシツブタケは子嚢殻がかなり増えている。そろそろ完熟か?
huta161010a.jpg

huta161010b.jpg
Torrubiella? sp.
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 10 0ct. 2016.


11日は近所のK寺裏の山林へ。食用きのこが目的だったがあまり見つからず、虫草さがし。オイラセクチキムシタケが2体だけ見つかった。もちろん未熟だ。
oira161011b.jpg

oira161011a.jpg
Ophiocordyceps rubiginosiperitheciata
Host:larva of Coleoptera Place:Nagaokakyo. 11 0ct. 2016.

  1. 2016/10/25(火) 12:10:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イモムシタケ2016

2016/9/23

K川へ。この日は久しぶりにキャンプ場の先まで行ってみた。
この9月は台風も含めてやたらに雨が多い。ただ、雨が降るようになってからそれほど間がないせいか、思ったほどきのこが生えていない。
虫草も地生のものはハナサナギやコナサナギさえ見つからない。あきらめてそろそろ帰ろうと思った時、目の前に大型の虫草が現れた。イモムシタケだ。
雨で土が跳ね返って少し汚れているが、なかなか立派だ。掘って近くの渓流で洗ってみると宿主のイモムシ(トビイロスズメだろう)もきれいな状態で、いい標本になりそうだ。
imo160923a.jpg

imo160923b.jpg
Cordyceps kyusyuensis
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 23 Sep. 2016.


持ち帰ってさらにクリーニングしたもの。
imo160923c.jpg

imo160923d.jpg

imo160923e.jpg
Cordyceps kyusyuensis
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 23 Sep. 2016.

  1. 2016/10/08(土) 12:21:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クモ祭りその後

2016/9/1

K川へ。一ヶ月前にクモ生がたくさん出ていたアブ谷、未熟個体が多かったのでその後の様子を見に行った。
ツクツクホウシタケは新たに出たのは2体だけのようだ。
クモ生は前回完熟していたものは当然なくなっていたが、前回未熟だったものは完熟かそれに近いぐらい成長していた。全体としては数が減っていた。
大半がクモノエツキツブタケでそれ以外のもはほとんど見られなかった。
未熟なものは柄が長く成長していてツキダシハスノミクモタケになりそうな勢いだった。この2種については成長度合いの違う同種かもしれないと思っている。
etuki160901a.jpg

etuki160901b.jpg

etuki160901c.jpg

etuki160901d.jpg
Torrubiella globoso-stipitata
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 01 Sep. 2016.


エツキ以外では前回も見たギベルラ・プルクラがやや成長していた。未熟なエツキの頭部を伴っている。
gibe160901.jpg
Gibellula pulchra
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 01 Sep. 2016.


重複寄生を受けたものが一体みつかったが、子嚢殻の孔口の色や小枝に付いている点から推定して、おそらくコエダクモタケだろう。
kumo160901.jpg
Torrubiella leiopus
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 01 Sep. 2016.


尚、話が前後するが、8月22日にコグモ谷に行っている。この時はエツキすら見つからず、わずかに黄色の不明種が2体みつかっただけだった。
“kikumo160822a.jpg"

“kikumo160822b.jpg"
Torrubiella sp.
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 22 Aug. 2016.

  1. 2016/09/08(木) 10:58:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ