FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

そろそろシーズンかな?

2018/06/07、11

いよいよ梅雨入りしたらしい。少し前から近所の寺や神社でクモタケを探しているが、まだ出ていない。

7日はK川へ。まず、ハゴロモ生虫草を見に行ったが、なくなっていた。数日前の大雨で流されたようだ。目印に挿しておいた木の枝は残っていたので、その少し下の落ち葉を一枚ずつめくって調べると、ようやく見つかった。順調に伸びているようだ。
“hago180607.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host:nymph of planthopper Place:Nagaokakyo. 07 Jun. 2018.


その後、本流ダム湖上流のカメムシタケの坪にも行ってみたが、出たばかりの小さなものが3体みつかった。
kame180607a.jpg

kame180607b.jpg
Ophiocordyceps nutans
Host: Stink bug Place:Nagaokakyo. 07 Jun. 2018.


その他にはツブノセミタケが一体みつかった。
tubusemi180607.jpg
Perennicordyceps prolifica
Host: Nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 07 Jun. 2018.


11日は少し離れた神社に自転車で行ってみた。参道の側溝に出始めたばかりのクモタケが顔を出していた。
kumo180611.jpg
Purpureocillium atypicolum
Host: Spider. Place:Kyoto. 11 Jun. 2018.


奥の森林を探索。ここは昔はテッポウムシタケなど様々な種類が出たものだが、今はほとんど虫草を見かけない。この日も小さなクモタケ一体を見つけただけだったが、ふと一本の朽ちた切り株を見ると白い針金のようなものがあった。どうやら虫草のようだ。巻いた葉の中に幼虫らしきものが見える。
humei180611.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host: Larva of Lepidoptera. Place:Kyoto. 11 Jun. 2018.

これは持ち帰って追培養することにした。湿らせたティッシュをいれたプラスティック容器に放り込んでおいたが、いつの間にか結実していた。23日に撮影
巻いている葉を取り除いてみると幼虫が出てきたが、腹脚があるところから蛾の幼虫と判断した。ハマキガの仲間だろう。ハマキムシイトハリタケと思われるが、この種は図鑑では甲虫の幼虫生となっている。しかし実際に見つかるものは蛾の幼虫生ばかりなので、宿主の同定ミスが疑われる。
sukasi180623b.jpg

sukasi180623c.jpg

sukasi180623a.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host: Larva of Lepidoptera. Place:Kyoto. 23 Jun. 2018.

尚、最初に書いたハゴロモ生虫草については残念なお知らせをしなければならない。翌週の14日に見に行ってみるとまたしても消失していたのだ。今回は目印に挿した枝さえもなくなっており、あたり一面の地面がかき乱されていた。どうやらイノシシの仕業のようだ。
  1. 2018/06/26(火) 15:56:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

継続観察中

2018/05/24、29、31

5月24日は継続観察中のジムシヤドリタケの坪へ。かなり成熟してきてはいたが、予想以上ではない。数も増えてはいない。
“jim180524a.jpg"

“jim180524b.jpg"

“jim180524c.jpg"

“jim180524d.jpg"

“jim180524e.jpg"
Ophiocordyceps superficialis
Host: Larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 24 May 2018.


29日はK川へ。ハゴロモ生の不明種はすこし伸びていた。
“hago180529.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host:nymph of planthopper Place:Nagaokakyo. 29 May 2018.


川に降りて両岸を調べると、苔の中に虫草らしきものが。一見未熟なCordycepsのように見えたが、よく見ると雨に洗われたギベルラ・レイオパスのアナモルフだった。
“G_l180529.jpg"
Anamorph of Gibellula leiopus
Host: Spider Place:Nagaokakyo. 29 May 2018.


31日は遠征したが、雨に見舞われて早々に帰ってきた。雨が止んでから近所の公園を調べるとセミノハリセンボンが1体みつかった。宿主はクマゼミ。昨年のものだが、今まで残っているなら有性時代のストローマが出てくる可能性があるので、目印を付けて継続観察することにした。
semihari180531.jpg
Anamorph of Purpureocillium takamizusanense
Host: Adult of cicada Place:Mukoh. 31 May 2018.


他にはヒメクチキタンポタケが2体みつかった。
  1. 2018/06/07(木) 17:41:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

K川その後

2018/05/10、05/17

5月10日はK川へ。相変わらずサナギタケは出ていない。前回みつけておいたクサナギヒメタンポタケは消失していた。かなり不安定な場所だったので雨で落ちてしまったか、それとも通る人が気まぐれに触ったか。付近を改めて念入りに探すと別の個体が一つだけ見つかった。極めて小さい。
kusa180510a.jpg
Metarhizium kusanagiense
Host: cocoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 10 May 2018.


ハゴロモ生の不明種はあまり変化はないようだが、よく見るとストローマの先端が折れている。
“hago180510.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host:nymph of planthopper Place:Nagaokakyo. 10 May 2018.


他にみつかったのはヒメクチキタンポタケ。道沿いに落ちている朽木から簡単に見つかる。特に探しもしなかったが、とりあえず3体。まだ完熟にはしばらくかかりそうだ。1体は朽木を崩して宿主を露出させて撮影。
“himekuti180510b.jpg"

“himekuti180510a.jpg"

“himekuti180510c.jpg"
Ophiocordyceps annullata
Host: larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 10 May 2018.


ハナサナギタケも1体みつかった。今シーズンでは初めてだ。
hanasa180510.jpg
Anamorph of Cordyceps tenuipes
Host: Pupa of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 10 May 2018.


ハナヤスリタケの坪にも行ってみたが、10体ほどがまだ萎びずに残っていた。
hanaya180510.jpg
Tolypocladium ophioglossoides
Host: Elaphomyces Place:Nagaokakyo. 10 May 2018.


5月17日にも行ってみたが、大きな変化はない。
クサナギヒメタンポタケは結実していた。
kusa180517.jpg
Metarhizium kusanagiense
Host: cocoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 17 May 2018.


ハゴロモ生の不明種もあまり変化はないようだが、折れている先端から新しいストローマが出かけているようだ。
“hago180517.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host:nymph of planthopper Place:Nagaokakyo. 17 May 2018.


その他には、新たにヒメクチキタンポタケとハナサナギタケが1体ずつ。
  1. 2018/05/18(金) 08:47:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ