追培中のクモ

2006/01/20

グループ展のしめきりがせまってきたので、あまり山に行けなくなっている。もっとも後一、ニヶ月は大きな変化はないだろう。

山に行かなくても虫草の観察はできる。常に何体か追培養しているからだ。

tuibaiki.jpg
追培容器には百円ショップで買った水切り付きのタッパー(二個百円)を使っている。水切りの下に濡れティッシュを敷いて使用する。蓋には小さな穴をたくさん開けてある。

追培養中のクモに少し変化があった。

kumo60118a.jpg
13日にK寺に行った時にクモの屍骸を一体見つけた。ジョロウグモの仲間のようだったが古くなって色が変わっているのにどこも傷ついていなかった。菌糸らしきものもどこにも見えなかった。古くなっているのにアリに喰われていない屍骸は何かの菌に感染しているというのが常識なので、持って帰って追培しておいた。

kumo60120a.jpg
一週間たって、やはり何かの菌が出て来た。今の所、何かわからない。

もう一体、年末(2005年12月29日)に採ってきたギベルラタケの仲間も未熟だったのがほぼ完熟状態になっている。

gibe51229.jpg
2005年12月29日

gibe60520.jpg
2006年1月20日

G_l60120f.jpg
検鏡してみると非常に短い分生子柄が見えた。どうやらGibellula leiopusのようだ。

G_l60120bz.jpg
分生子
  1. 2006/01/20(金) 21:04:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<冬のギベルラ | ホーム | 巡回>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/98-7334a943