巡回

2006/01/13

今日は少しは寒さがやわらいでいる。昼食ついでにK寺に出かける。この時季は虫草も変化が少ない。新しいものを見つけられる可能性は極めて低いので、すでに見つけている未熟個体やお馴染みの坪を巡回するだけだ。ツブノセミタケコガネムシハナヤスリタケはほとんど変化がない。

nume60113a.jpg
毎年ヌメリタンポタケが出る坪を調べると、落葉の下から小さな丸いものが顔を覗かせていた。

nume60113b.jpg
出たばかりのようだ。周りを調べたが、他には出ていなかった。

さらにオイラセクチキムシタケを調べたが、まだ結実しているものがない。この冬は随分成長が遅れているようだ。それに例年より小さいものが多い。

kutiki60113.jpg
クチキムシツブタケが見つかったが、子嚢果は透明感を失い孔口が破れていて見るからに古くなっているようだ。

oirase13.jpg

ようやくのことで一体だけ結実しているオイラセをみつけた。まだ子嚢果が出来始めたばかりのようだ。これも小さい。
  1. 2006/01/13(金) 23:04:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<追培中のクモ | ホーム | Aschersonia2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/97-3635d1a1