スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

朽木調査

2005/12/07

今週始めから強い寒波の到来で外に出るのがおっくうだ。K川に行くつもりだったが、近くのK寺のほうにする。こちらのほうも一ヶ月ぐらい行っていない。紅葉の名所なので連日たくさんの観光客が押し掛け、とても行く気になれなかった。ようやく普段の状態に戻ったかと思ったら大型車が何台も停まっている。映画か何かの撮影があるらしい。ここはロケの名所でもあるのだ。結局遠回りして行くことになった。
紅葉の季節が終わったとはいえ、色付いた落葉が地面に敷き詰められてなかなかの美しさではある。
しかし虫草探しにはこの落葉が結構やっかいだ。
今日は朽木生のものをターゲットにして調べて廻った。

kutiki20.jpg
倒木の上に積もった落葉を取り除くとコメツキムシの幼虫が見えた。クチキムシツブタケだ。しかもこの時季なのにちゃんと結実している。

kutiki21.jpg
近くにもう一体見つかった。

オイラセクチキムシタケの白い穂はいくつも見つかったが、結実しているものは見つからない。例年今頃なら一つや二つは結実しているものだが。

himekuti10.jpg
調べているうちに短いストローマを出したキマワリの幼虫がみつかった。未熟なヒメクチキタンポタケだ。この種は京都近辺ではごく普通に見られる種類なのだが、どういうわけかこのK寺裏の山林では見たことがなかった。

oirase11.jpg

oirase12.jpg
結局オイラセクチキムシタケは二十体以上みつかったが結実しているものは一体もなかった。
  1. 2005/12/07(水) 23:09:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<林道整備工事 | ホーム | 久々の山行き2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/91-ce287190