スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

久々の山行き2

2005/11/25

つづき
他にいくつか細かいものを採集した。

setugou1.jpg

setugou2.jpg
アオキの葉裏の菌に覆われた毛虫。接合菌の仲間と思われる。接合菌もよく見かけるのだが、知識がなくてよくわからないので敬遠していた。これからは画像だけでも出して行こうと思う。

setugou3.jpg
検鏡してもやはりよくわからない。長楕円形のものが第一分生子で、やがて側面がふくらみ細長い突起が伸びてその先に第二分生子をつけるのだと思うのだが・・

hagoromo1.jpg
これはアオバハゴロモ。夏にも菌に冒されたハゴロモをよく見かけたが、これはかなり古くなって干涸びているようだ。

hagoromo3.jpg
これも検鏡したがよくわからない。とりあえず画像だけ。

kona1.jpg
コナサナギタケを一体採集した。

kona2.jpg

kona3.jpg
分生子が少し小さいが、ハナサナギタケと大きな違いはないようだ。






  1. 2005/11/29(火) 10:59:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<朽木調査 | ホーム | 久々の山行き1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/90-94b53ab0