今どきタンポタケ?

2005/11/01

昼食のついでにちょっとだけK寺を覗いてみることにした。
コガネムシハナヤスリタケの坪を調べる。

kogaha1101.jpg
前に見つけていた一体はほぼ完熟状態だ。他にもう一体みつかった。

毎年食べている紫色のフウセンタケが出ていたので食用に持ち帰ることにしてもっとないかと探してみると、イグチの幼菌のようなものが出ていた。

tanpo1101c.jpg
よく見ると頭部の直径が1.5cmもある大きなタンポタケだった。この付近では前にも何度か夏に見つけているが、この時季に見るのは初めてだ。

tanpo1101b.jpg
近くを調べるとさらにニ体みつかった。一体残して二体を持ち帰る。

tanpo1101f.jpg

tanpo1101e.jpg
春に出る緑色のタイプに比べて大型で黄褐色で、一見して別種のように見える。出る場所も離れているし、寄主も違うようだ。

tanpo1101a.jpg
検鏡してみたが胞子は春に出るものとほとんど変わらない。子嚢胞子は分裂して16個の二次胞子に分かれる。大きさにややばらつきがあるがタンポタケとしていいのではないかと思われる。
  1. 2005/11/03(木) 10:32:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<久々の山行き1 | ホーム | その後のガヤドリ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/88-156ebc59