スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クモのカビ

2005/10/12

つづき
他にもクモ生虫草がいくつか見つかったが、既出のものばかりなので省く。

kumox1.jpg
白い菌糸に覆われたコガネグモの仲間があった。Beauveriaかと思ったが、なかなか形がいいので持ち帰る。

kumox2.jpg
後で検鏡してみると全然違っていた。何だろう?

humekumo5.jpg
もう一体、変わった色のものがあったのでこれも持ち帰る。何種類かの菌がついているようだ。

humekumo5b.jpg
まず白い部分を検鏡した。お馴染みの重複寄生菌だ。

humekumo5c.jpg
次に青っぽい部分。アオカビの仲間?

その次は灰色の部分だが、ここを針でほじくっていると完全型の子嚢殻がでてきた。大きさや形から判断してトルビエラクモタケの成れの果てだったようだ。

humekumo5d.jpg
見慣れぬ菌が絡まっている。分生子形成細胞に小歯状突起がいくつも出ており、ここにブドウのように分生子が付くようだ。これも何だかわからない。
  1. 2005/10/14(金) 21:23:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<その後のガヤドリ | ホーム | ツキダシハスノミクモタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/86-156436b4