ハガクレシロツブタケ2

2005/09/19

つづき
クモ谷に流れ込む細い源流ではハガクレシロツブタケがやたらに目に付いた。
この種は川沿いのアオキやシダ類の葉裏に付いたヒラタアブの仲間の蛹に寄生するもので、ほぼ周年見られる。ただ、盛んに胞子を作る最盛期は秋だと思われる。

hagakure5.jpg
ハガクレシロツブタケ Torrubiella sp.

hagakure8.jpg

hagakure9.jpg


hagakure6.jpg
持ち帰ったものを検鏡するとつながった子嚢胞子が確認できた。8個の二次胞子に分裂する。二次胞子の中央に隔壁が見えるが、これが見えないものもある。

hagakure7.jpg
子嚢

前回アップしそこねたコゴメクモタケの子嚢を追加しておく。

kogome13.jpg

  1. 2005/09/23(金) 10:10:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ガヤドリ | ホーム | 薄紅色のコゴメクモタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/81-7df9242a