多重寄生のクモ

2005/08/29

K川へ。神奈川県の博物館の方から広尾山荘さんを通じてSporodiniella umbellataの標本を送ってほしいとの依頼があった。乾燥品でもいいとのことだったが、生にこしたことはないだろうと探しに行った。ハガクレ谷で前に2体見つけた辺りを探してみると、中型のクモに生えたものが一体みつかった。その後も調べたがSporodiniellaはみつからず、他の種類も特筆するようなものはみつからなかった。

ga2.jpg
本流のほうに場所を移してみたが、こちらでも収穫無し。ついでに以前みつけた白い菌糸に被われた蛾の成虫を見に行ったがかなり成長していた。20日でこれだけ伸びたわけだ。三脚を忘れてきたので、フラッシュ撮影をした。風に揺れる樹上の気生虫草を撮るのに使えるかもしれない。

ga1.jpg
8月8日の状態。

kekabi1.jpg
持ち帰ったクモをよく見ると、何種類かの菌が重複寄生している上に寄生蝿らしい蛹までついている。

kekabi2.jpg

kekabi3.jpg

kekabi4.jpg
もともとトルビエラクモタケの寄生を受けていたらしいこぶ状の膨らみがあり、その上をPaecilomyces菌らしい白緑色の菌が被っている。一部にはコゴメクモタケらしい微小の子嚢果が密集している。さらにSporodiniella umbellataに寄生蝿だから随分にぎやかなことだ。

  1. 2005/08/30(火) 19:40:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<セミノハリセンボン | ホーム | アブタマ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/76-5ed61d89