大量発生その後

2005/08/10

K川へ。ハガクレ谷に大量発生していたクモ生虫草のその後を調べに行った。合流点の少し上から川に降りてみた。あれほどたくさん出ていたトルビエラクモタケはすっかり姿を消している。ほとんどが緑がかった白い菌の二次寄生を受けている。

P_sp8.jpg
この菌はPaecilomyces属と思われるが、クモ以外にもいろんな昆虫に寄生するようだ。

この菌の寄生を受けていないものは大抵がクモノエツキツブタケツキダシハスノミクモタケになると思われる未熟個体で、子座がかなり突き出してきている。

tukidasi1b.jpg
これはツキダシハスノミクモタケか?

torubi5.jpg
不完全型のギベルラを伴った完全型のクモ虫草を見つけたが、やはりこれもトルビエラクモタケと見ていいのだろうか?今年はこのタイプをいくつか見ている。

その他に白い菌糸に包まれた中型の未熟なクモ虫草をいくつか見つけたが、まだ何になるのかわからない。

S_n5.jpg
そのうちの一つから先日のSporodiniella umbellataが出ていた。すぐ近くでもう一体見つけた。注意しなかっただけで、結構ありふれたものなのかもしれない。

kogome8b.jpg
これと同じ葉にハゴロモの仲間の幼生がいくつか付いており、そのうち一体から小さな子嚢果が出ていた。コゴメクモタケの寄主違い寄生だと思うが、ハゴロモから出ているものは初めてだ。

その他ではイタドリの根元からカメムシタケがみつかった。ありふれた種類だがこの付近で見るのは初めてだ。
  1. 2005/08/11(木) 18:39:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<クモ谷1 | ホーム | クモとハナサナギ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/71-2e7b0b6c