スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クモとハナサナギ

2005/08/08

つづき

kumo50808a.jpg
本流でみつけたクモ生虫草は分生子柄束こそできていないが、体表に薄紫色の分生子がついておりどうやらクモタケのようだ。

kumo50808b.jpg
検鏡してみると分生子の大きさ、形はクモタケと同じ。

フィアライドは確認できなかったがクモタケとみていいだろう。クモタケは普通キシノウエトタテグモに寄生するが、それ以外の巣穴を作らない種類のクモに寄生した場合はシンネマ(分生子柄束)を形成せずに体表にコロニーを作るようだ。

ハナサナギタケは普段見つけても無視するのだが、検鏡のために持ち帰った。

hanasana1.jpg

hanasana2.jpg

hanasana3.jpg
フィアライド
  1. 2005/08/11(木) 13:20:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<大量発生その後 | ホーム | Sporodiniella umbellata>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/70-e977a554