黄金色のセミタケ

2005/08/02

グループ展の案内状用の写真を現像して届けるため、久しぶりに京都市の中心部に出た。用事を済ませた後、セミ生虫草の坪がある某有名神社(もちろん虫草で有名なわけではない。)に立ち寄った。
ここは過去に4種類のセミ生虫草が出ているが、特に黄金色のシロマキセミタケはここだけで見られる種類だ。
いつも今頃出ている植込みを見てみたが、地面が乾ききっていてとても虫草が出る雰囲気ではない。今年も去年と同じくはずれ年のようだ。

kinsemi1.jpg

いつも出る場所とは少し離れた植込みわきの石の横から黄色っぽいものがのぞいている。よく見ると頭部がなくなっているが、確かに例のセミ虫草だ。ここだけやや湿っているので出て来たのだろうが、人通りの多い場所なのでだれかに踏まれたのだろう。掘り出してみたが、石の下に入り込んでいるためなかなか掘り出せず、寄主の頭のところでギロチンしてしまった。古くなってグスグスになっていたせいかもしれない。

kinsemi2.jpg

kinsemi3.jpg

頭部が折れていても子嚢果はいくつかついているようなので、持ち帰って検鏡した。

kinsemi5.jpg

kinsemi4.jpg

子嚢果をほじくり出して見たが、残念ながら過熟のようで子嚢も二次胞子も確認できなかった。発芽した状態の二次胞子と思われるものが詰まっていた。

  1. 2005/08/04(木) 09:57:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<アブ谷 | ホーム | ハガクレ谷2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/67-ef87e9ff