スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カイガラムシキイロツブタケ2

2005/07/05

ようやく雨が止んだのでK川にでかけた。川はひどく増水している。ダム湖の上流の流れ込み付近を調べる。雨に流されたのかコエダクモタケがいくつか消えていた。シャクトリムシハリセンボンはすでに長く伸びていて一部に子嚢果をつけ始めている。

kaisiro1.jpg

例年今頃カイガラムシキイロツブタケが出ているはずなので、イヌガヤの葉裏を調べて廻る。やはり出ていた。しかし黄色くない。淡褐色という感じだ。寄主の大きさも少し小さい。少し離れた場所を調べると、いつもの鮮やかな黄色のものがみつかった。両方とも持ち帰る。
シュイロクチキタンポタケは3体に増えていた。まだ完熟とはいかないので、持ち帰るのは次回にする。

kaiki1.jpg

kaisiro4.jpg


持ち帰ったカイガラムシキイロツブタケを比べてみる。やはり色が違う。シロミノカイガラムシタケというのもあるそうだが、図鑑の図版だけではよくわからない。

検鏡してみた。まずは黄色のほう。子嚢果を押しつぶして見てみたが、子嚢は充分にできているもののまだ子嚢胞子を出しているものが少ない。いくつか調べてみたが、隔壁のようなものが見えるものの二次胞子に分裂しているものが一つもない。まだ未熟なのだろうか?

kaiki3.jpg

子嚢

kaiki4.jpg

子嚢頭部

kaiki2.jpg

子嚢胞子

 
黄色くないほうも検鏡してみたが、特に違いはないようだ。

kaisiro3.jpg

子嚢胞子

kaisiro2.jpg

子嚢胞子
  1. 2005/07/09(土) 18:16:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<東京から2 | ホーム | 緑のムカデ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/56-8e2a0d95