スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クモの季節

2005/06/27

早起きしてO神社のクモタケを見に行った。雨が降らないので萎びかけたような感じのものが多かったが、結構たくさんのクモタケが出ていた。しかしすべて普通の不完全型で、完全型を思わせるようなものはなかった。新たに7、8体のハナアブラゼミタケを見つけたのが収穫といえばいえるだろう。

まだ時間が早いのでK川の方にも行ってみた。合流点付近で川に降りてクモ生のものを調べた。未熟な気生のクモタケがたくさん見つかった。まだ結実しているものは無い。

koeda3s.jpg

黄褐色のコエダクモタケが7体。これは葉裏ではなく枝に付いている。枯枝が多い。

kumo19s.jpg

kumo20s.jpg

白い菌糸に包まれたものが40~50体。これらは全て木や草の葉裏に付いている。昨年よりは少ないが、それでもかなり多い。今の時点ではトルビエラクモタケなのかクモノエツキツブタケなのかツキダシハスノミクモタケなのかわからない。この3種、子座の長さが違うが、子座の色や子嚢果の色や形がそっくりで非常に紛らわしい。結実の時期はトルビエラが一番早く、次いでクモノエツキ、秋も深まってからツキダシが実る。
他に不完全型のAkanthomyces novoguineensisが数体、Gibellulaが数体見つかった。
  1. 2005/06/27(月) 21:03:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<東京から | ホーム | O神社>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/53-12582f28