FC2ブログ

2019虫草祭3

2019/7/12、13、14

虫草祭での採集標本と検鏡結果、続き。
今回は地生の種類はあまり見つからなかったが、気生のクモ生種がかなり見つかった。
まず13日午前中のブナ林の調査で見つかったものの続きから。ランノウアカツブタケ。
“rannou190713.jpg"
Torrubiella s.l.
Host: Egg sac of spider. Place: Tadami. 13 Jul. 2019.


子嚢殻、子嚢、子嚢胞子
“rannousinoukaku.jpg"
perithecia of Torrubiella s.l.

“rannousinou"
asci of Torrubiella s.l.

“rannouhousi.jpg"
ascospore of Torrubiella s.l.

調査後にK田さんからいただいたクモ生不明種。子嚢殻が淡いクリーム色で孔口が淡灰褐色のところはウスキオオアニクモタケTorrubiella pallidaに似ているが、確実ではない。
“kumox190713a.jpg"
Torrubiella s.l.
Host: Spider. Place: Tadami. 13 Jul. 2019.


子嚢殻、子嚢、子嚢胞子
“kumo190713sinoukaku.jpg"
perithecia of Torrubiella s.l.

“kumo190713sinou"
asci of Torrubiella s.l.

“kumo190713housi.jpg"
ascospore of Torrubiella s.l.

13日昼食後の私的調査の際に見つかった小型のクモ生種。関西でも同種と思われるものが見つかるが、種類ははっきりしない。一応ツツナガクモタケ?としておく。
“kumo190713c.jpg"
Torrubiella oblonga?
Host: Spider. Place: Tadami. 13 Jul. 2019.


子嚢殻、子嚢、子嚢胞子
“tutunagasinoukaku.jpg"
perithecia of Torrubiella oblonga?

“tutunagasinou"
asci of Torrubiella oblonga?

“tutunagahousi.jpg"
ascospore of Torrubiella oblonga?

今回多数見られたのがこれ。13、14日の早朝探索会で何人かが見つけていた。私も14日に採集。︎Hevansia cinereaと思われるが、確実ではないので?を付けておく。
“heva190714a.jpg"

“hva190714b.jpg"
Hevansia cinerea?
Host: Spider. Place: Tadami. 14 Jul. 2019.


分生子柄束、フィアライド、分生子
“hevasynnema.jpg"
synnema of Hevansia cinerea?

“hevaphialide"
phialides of Hevansia cinerea?

“hevabunseisi.jpg"
conidia of Hevansia cinerea?

また、他にも薄紫色のアナモルフを持つクモ生不明種がいくつか見つかったが、これも検鏡してみるとHevansiaの特徴を持つことがわかった。Hevansia sp.としておく。
“kumo190713d.jpg"
Hevansia sp.
Host: Spider. Place: Tadami. 14 Jul. 2019.


フィアライド、分生子
“hevax190714bx"
phialides of Hevansia sp.

“hevax190714conidia.jpg"
conidia of Hevansia sp.

もう一種、I藤さんにいただいたものだが、これも薄紫色のアナモルフを持つクモ生不明種。残念ながらフィアライドが確認できなかったが、これもHevansia の可能性がある。
“kumo190714e.jpg"
Hevansia sp.
Host: Spider. Place: Tadami. 14 Jul. 2019.
  1. 2019/08/04(日) 20:32:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2019虫草祭4 | ホーム | 2019虫草祭2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/522-ea155dc9