FC2ブログ

マユダマヤドリバエタケ?

2019/07/02

梅雨入りは遅かったが、入ってからは順調に降っている。むしろ激しすぎるぐらいだ。
雨の合間を縫って2日はK川へ。本流のダム湖上流の谷に入る。ここは毎年梅雨の頃にはいろいろな種類の虫草が見られるのだが、今年はあまり良くない。
例年カメムシタケが出る坪でも一本も出ていない。
ヒメクチキタンポタケはこの季節なら探さなくても見つかるぐらいだが、今年は一体も見ていなかった。しかしこの日はたちまちのうちに5体が見つかった。
“himekuti190702b.jpg"

“himekuti190702c.jpg"

“himekuti190702d.jpg"
Ophiocordyceps annullata
Host: Larva of Coleoptera. Place: Nagaokakyo. 02 Jul. 2019.


探索の途中で渓流沿いの斜面に転がった一本の流木が気になった。数ミリぐらいの小さな白いきのこのようなものが、点々と付いているのだ。まさか虫草とは思わなかったがルーペで見てみると、なんとウジ虫のようなものが見えた。ハエ目の幼虫から生えるマユダマヤドリバエタケの名前がすぐに思い浮かんだ。
さっそく撮影し、虫草がいくつか付いた流木の一部を切り取って持ち帰った。その後周囲を調べると、もう2本の流木から同じようなものが見つかった。
“mayu190702d.jpg"

“mayu190702a.jpg"

“mayu190702b.jpg"

“mayu190702c.jpg"
Hypocrea? sp.
Host: larva of Diptera. Place: Nagaokakyo. 02 Jul. 2019.


持ち帰ったハエ目の幼虫生不明種。最初はマユダマヤドリバエタケかと思ったがはっきりしたマユダマを作っておらず、SNSにアップした画像を見た人達の間でもマユダマヤドリバエタケにしては違和感があるという意見が多かった。
“hae190704c.jpg"

“hae190704d.jpg"

“hae190704a.jpg"
Hypocrea? sp.
Host: larva of Diptera. Place: Nagaokakyo. 02 Jul. 2019.


7月8日にさらに数体を採集し、虫草祭への手土産とした。
  1. 2019/07/30(火) 13:04:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2019虫草祭1 | ホーム | 梅雨が来た>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/519-97494796