FC2ブログ

2019年四月まとめ

2019/04/09、24

個展の準備で忙しくてブログを放置していていつの間にか6月になってしまったが、大急ぎで4月と5月をまとめてしまおう。まず4月から。
4月9日は京都市の某所へ。目的はオオセミタケだ。昨年もおなじ時期に行って十数体を見つけている。着いてさっそく探し始めたが、昨年の台風21号による倒木で坪が傷められていてなかなか見つからない。どうにか2体だけみつかったので、一体を持ち帰った。他にタイワンアリタケが2体付いた葉を持ち帰った。
“oosemi190409a.jpg"

“oosemi190409b.jpg"

“oosemi190409c.jpg"
Ophiocordyceps heteropoda
Host: cicada Place: Kyoto. 09 Apr. 2019.


4月9日に採集したタイワンアリタケの外観を11日に撮影、17日にストローマを折り取ってアナモルフを検鏡した。
“taiwan190411a.jpg"

“taiwan190411b.jpg"

“taiwan190416.jpg"
Ophiocordyceps ootakii
Host: ant Place: Kyoto. 09 Apr. 2019.


これが折り取ったストローマ上に見られた分生子形成細胞だが、どうも以前見たタイワンアリタケのアナモルフとは違う。フィアロ型ではなく、突き錐上の先端部の小突起に一つずつ分生子が付いている。Engyodontiumに似ているようだ。おそらくタイワンアリタケの表面を薄っすらと覆っている別の菌のものだろう。何か出てくるかもしれないので追培を続けてみることにする。
“taiwan_ana1.jpg"

“taiwan_ana2.jpg"


同じく4月11日に外観を撮影し、17日に検鏡したクモ生虫草。これは3月23日に神戸の実家の裏山で採集して追培養していたものだ。
“G_sp190411a.jpg"

“G_sp190411b.jpg"

“G_sp190416.jpg"
Gibellula sp.
Host: spider Place: Kobe. 23 Mar. 2019.


不明クモ虫草のシンネマ
“G_sp190417b.jpg"

synnema of Gibellula sp.

不明クモ虫草の分生子柄
“G_sp190417a.jpg"

conidiophore of Gibellula sp.

K川にも度々行ったが、毎年この時期に出るサナギタケは見つからず、24日にクサナギヒメタンポタケを1体だけ見つけた。
“kusa190424.jpg"
Metarhizium kusanagiense
Host: Larva of Lepidoptera. Place: Nagaokakyo. 24 Apr. 2019.

  1. 2019/06/05(水) 08:33:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<アマミカイキタンポタケ | ホーム | 名残の春型タンポタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/514-d68c4da5