FC2ブログ

葉裏の微小虫草1

2018/11/07

久しぶりにK川へ。まだ大部分が通行止めだが、入れる谷に降りてみた。川に入って葉裏を調べる。大きなものはなかったが、微小虫草が健在だった。
まずハガクレシロツブタケがいくつか。
“haga181107a.jpg"
Torrubiella sp.
Host: Pupa of Diptera Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


同じ宿主から出たアナモルフ菌。コナサナギタケのようにも見えるが、分生子の形がやや紡錘形なのが気になる。
“haga181107b.jpg"

“abukona.jpg"
Isaria sp.
Host: Pupa of Diptera Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


アオキの葉裏のナガレアブの卵塊から出たアナモルフ菌。シロコナツブクモタケのようだ。
“humei181107.jpg"

“sirokona181107.jpg"
Isaria like anamorph
Host: Egg mass of Diptera Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


同じくナガレアブの卵塊から出ているように見えるが、同じ葉にカイガラムシの仲間が付いているので、そちらが真の宿主だろう。コノイデオクレラ・テヌイスと思われる。
“cono181107.jpg"
Conoideocrella tenuis
Host: Scale insect? Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


他に微小なギベルラ・レイオパスが一体。
“kumo181107.jpg"
Gibellula leiopus
Host: Spider Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


あとはカイガラムシノショウコウビョウキンと思われる赤い昆虫寄生菌。
“N_sp181107.jpg"
Microcera diploa
Host: Scale insect Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.

  1. 2018/12/26(水) 16:33:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<葉裏の微小虫草2 | ホーム | 2018年10月まとめ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/508-068e7b28