FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アリノミジンツブタケ

2005/01/11
20050123223012s.jpg

年が明けてから寒い日が続きなかなか外に出る気になれなかったが、ようやく重い腰を上げて近くのK寺に行ってみた。
まずイトヒキミジンアリタケを見に行ったが個体数が少なく古いものばかりだった。多くがアリノミジンツブタケの重複寄生を受けていた。少し採集して持ち帰ったが、やはり古くなっているらしく子嚢や胞子はみられなかった。
昨年から出ているツブノセミタケオイラセクチキムシタケを確認して帰った。

20050123223050s.jpg

アリノミジンツブタケTorrubiella sp.
イトヒキミジンアリタケの古い個体に重複寄生する。


20050125185021s.jpg

子嚢殻

  1. 2005/01/11(火) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<セミ成虫生不明種1 | ホーム | 記事一覧10(451〜500)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/5-9922b0c9