FC2ブログ

ジムシーの坪その後

2018/06/28

ジムシヤドリタケの坪へ。前回本命の種類以外に未熟なものがいくつか見つかっていたので、その後の様子を見に行った。
まず、前回帰り道で見つけた未熟なクモ生種。ギベルラだと思っていたが、そうではなく、ハスノミクモタケの未熟個体だった。2体みつかったが、両方ともそうだった。
“hasu180628a.jpg"

“hasu180628b.jpg"
Hevansia nelumboides
Host: Spider. Place: Kyoto. 28 Jun. 2018.


4月8日に見つけていたガヤドリはその後あまり変化が無かったが、今回わずかに子嚢殻が出来始めているようだった。
“ga180628.jpg"
Akanthomyces tuberculatus groupe
Host:Adult of Lepidoptera Place: Kyoto. 28 Jun. 2018.


ハリタケ型不明種はあまり変化が無かったが、前回は写真を撮っていないので撮影した。近くにもう一体みつかった。
“humei180628b.jpg"

“humei180628a.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host: Larva of Lepidoptera? Place: Kyoto. 28 Jun. 2018.


坪に着いてから、まず前回みつけていたツブノセミタケを探す。osoさんからクチキムシツブタケではないかという疑問が出ていたので、確認するためだ。久しぶりにこの種を掘ってみたが、やはり長い。掘り始めてすぐにツブノセミタケだということはわかったが、いちおう宿主が出るまで掘ることにした。地下部はそれほど長くはなかったが、ほぼ真っ直ぐだったのでかなりの深さまで掘らなければならなかった。撮影後、埋め戻した。近くにもう一体出ていたが、こちらは子嚢殻が出来かけていた。
tubu180628a.jpg

tubu180628b.jpg

tubu180628c.jpg
Perennicordyceps prolifica
Host: nymph of cicada Place: Kyoto. 28 Jun. 2018.


さてジムシヤドリタケだが、ほとんどが完熟しており、一部は過熟になりかけていた。前回何らかの重複寄生菌にやられたのか白くなっているものが何本か見られたが、今回確認するとやはりコメツキヤドリシロツブタケの子嚢殻ができていた。
“jim180628a.jpg"

“jim180628b.jpg"

“siro180628.jpg"
Ophiocordyceps superficialis
Host: Larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 16 Jun. 2018.

  1. 2018/07/05(木) 16:29:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<豪雨と猛暑 | ホーム | ジムシー祭り>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/499-ee8c3834