K川その後

2018/05/10、05/17

5月10日はK川へ。相変わらずサナギタケは出ていない。前回みつけておいたクサナギヒメタンポタケは消失していた。かなり不安定な場所だったので雨で落ちてしまったか、それとも通る人が気まぐれに触ったか。付近を改めて念入りに探すと別の個体が一つだけ見つかった。極めて小さい。
kusa180510a.jpg
Metarhizium kusanagiense
Host: cocoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 10 May 2018.


ハゴロモ生の不明種はあまり変化はないようだが、よく見るとストローマの先端が折れている。
“hago180510.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host:nymph of planthopper Place:Nagaokakyo. 10 May 2018.


他にみつかったのはヒメクチキタンポタケ。道沿いに落ちている朽木から簡単に見つかる。特に探しもしなかったが、とりあえず3体。まだ完熟にはしばらくかかりそうだ。1体は朽木を崩して宿主を露出させて撮影。
“himekuti180510b.jpg"

“himekuti180510a.jpg"

“himekuti180510c.jpg"
Ophiocordyceps annullata
Host: larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 10 May 2018.


ハナサナギタケも1体みつかった。今シーズンでは初めてだ。
hanasa180510.jpg
Anamorph of Cordyceps tenuipes
Host: Pupa of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 10 May 2018.


ハナヤスリタケの坪にも行ってみたが、10体ほどがまだ萎びずに残っていた。
hanaya180510.jpg
Tolypocladium ophioglossoides
Host: Elaphomyces Place:Nagaokakyo. 10 May 2018.


5月17日にも行ってみたが、大きな変化はない。
クサナギヒメタンポタケは結実していた。
kusa180517.jpg
Metarhizium kusanagiense
Host: cocoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 17 May 2018.


ハゴロモ生の不明種もあまり変化はないようだが、折れている先端から新しいストローマが出かけているようだ。
“hago180517.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host:nymph of planthopper Place:Nagaokakyo. 17 May 2018.


その他には、新たにヒメクチキタンポタケとハナサナギタケが1体ずつ。
  1. 2018/05/18(金) 08:47:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<継続観察中 | ホーム | ジムシーがいっぱい>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/495-71d2c56e