ハゴロモ再び

2018/04/23、05/03

4月23日、ジムシヤドリタケのその後を見るために京都市へ。8日に見つけた時に比べると少し大きくなったようだが一見変わりない。しかしよくよく見ると小さなつぶつぶのようなものが見える。
“jim180423a.jpg"

“jim180423b.jpg"
Ophiocordyceps superficialis
Host: larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 23 Apr. 2018.


5月3日はK川へ。そろそろサナギタケが出ていてもいいはずだが、いくら探しても見つからない。前回みつけておいたクサナギヒメタンポタケは子嚢殻ができ始めている。やはり他には出ていない。
kusa180503a.jpg

kusa180503b.jpg
Metarhizium kusanagiense
Host:cocoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 03 May 2018.


サクランポの盤菌がそろそろ出始めているので撮影していると、何やら見覚えのあるものが目の端をよぎった。
なんと昨年見たハゴロモ生のハリタケだ。昨年より時期が早いのでまだ短いが、同じような状態でころがっている。昨年は持ち帰って追培したが結局子嚢殻はできなかったので、今回は現地に置いたまま継続観察することにした。目印を付けて放置。
“sakura180503.jpg"

“hago180503a.jpg"

“hago180503b.jpg"

“hago180503c.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host:nymph of planthopper Place:Nagaokakyo. 03 May 2018.

  1. 2018/05/10(木) 07:52:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ジムシーがいっぱい | ホーム | クサナギ、ジムシ、次々出てきた。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/493-156c54a3