春を待つ2018

2018/02/12、03/12、13

例年なら1月の後半にはオオセミタケや菌生虫草が出始めるのだが、今年は寒さが非常に厳しいせいか、2月に入っても一向に出る気配がない。長岡京市や京都市のいくつかの坪を回ってはみたが、全て空振りだった。

2月12日は昨年O江さんに教えてもらった坪を見に行った。昨年出ていた辺りの落葉をめくってみると、次々に黒い棍棒形のストローマが現れた。ハナヤスリタケだ。その数ざっと50本。小さいがほぼ完熟しているように見える。1月からもう出始めていたのだろう。
昨年ヌメリタンポタケが出ていた辺りも調べたが、見つからなかった。
“hana180212a.jpg"

“hana180212b.jpg"

“hana180212c.jpg"
Tolypocladium ophioglossoides
Host: Elaphomyces Place:Nagaokakyo. 12 Feb. 2018.


その後も何度か出かけたが何も見つからず、3月12日は久しぶりにK川に出かけた。昨年タンポタケが群生していた辺りを目指す。昨年の場所がどこだか正確には覚えていないが、とりあえずブナ科の大木から数メートルの場所に見当を付けて探してみる。
早速1体みつかったが、タンポタケではなくヌメリタンポタケのようだ。K川流域ではハナヤスリとタンポは何度も見ているが、ヌメタンは初めてだ。周りの落葉をめくって探してみたが、ここでは最初の1体だけ。これは持ち帰ることにした。少し進んだ所で6、7本まとまって見つかった。今度もヌメタンのようだが確実ではない。2体持ち帰る。
“nume180312a.jpg"

“nume180312b.jpg"

その後道沿いの斜面を中心に探したが見つからず、川の近くの平らな場所を探してみることにした。しばらく探すと白い胞子に包まれたストローマが見つかった。これぞタンポタケと思ったが、持ち帰って検鏡してみると、これもヌメタンだった。
“nume180312c.jpg"
Tolypocladium longisegmentum
Host: Elaphomyces Place:Nagaokakyo. 12 Mar. 2018.


結局タンポタケは最後に見つかった緑灰色の3本(地中でつながっていた)だけだった。
“tan180312a.jpg"
Tolypocladium capitatum
Host: Elaphomyces Place:Nagaokakyo. 12 Mar. 2018.


翌13日は京都市内に梅を見に行ったついでにオオセミタケの坪を見に行った。
ここはすでに多くの人々に知られてしまった坪なので、毎年たくさんの堀跡が見られる。特に昨年は数十体まとめて掘られていたので、そのせいか2月に行った時にも一本も見られなかった。今日もなかなか見つからなかったが、ようやく端っこの方で5、6体みつかった。もちろん採集はしなかった。
“oosemi180313a.jpg"

“oosemi180313b.jpg"

“oosemi180313c.jpg"

“oosemi180313d.jpg"
Ophiocordyceps heteropoda
Host: Nymph of cicada Place:Kyoto. 12 Mar. 2018.

  1. 2018/03/15(木) 20:08:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<菌生探索 | ホーム | 寒波到来>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/490-68308cae