スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クモ谷再び

2017/08/30

K川へ。前にも書いたが今年は昨年に比べてかなりクモ生虫草の数が少ない。それでもクモ谷は先月の調査でややましだったので、再調査してみることにした。
川に降りて早速ギベルラ・レイオパスが見つかったが、後が続かない。それでも小型のギベルラ・ディモルファギベルラ・プルクラ?と一体ずつ見つかった。
G_l170830.jpg
Gibellula leiopus
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 30 Aug. 2017.

“G_d170830.jpg"
Gibellula dimorpha
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 30 Aug. 2017.

“G_p170830.jpg"
Gibellula pulchra?
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 30 Aug. 2017.


有性時代は未熟なクモノエツキツブタケが一体だけだった。
etuki170830.jpg
Torrubiella globoso-stipitata
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 30 Aug. 2017.


クモ生以外ではアブラムシ生のヒルステラが見つかった。
abura170830.jpg
Hirsutella sp.
Host: Aphid Place:Nagaokakyo. 30 Aug. 2017.


あと、ハナサナギタケは非常に多く発生していた。
hanasa170830.jpg
Isaria tenuipes
Host: Pupa of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 30 Aug. 2017.


かなり奥まで進んだ時、川の上に伸びた枝の葉に何かモヤッとしたものが付いているのが目に入った。これは以前見たことがあるケカビの仲間、Sporodiniella umbellataだ。それも、かなり発達したものだ。これは持ち帰った。
su170830a.jpg

su170830c.jpg

su170830b.jpg
Sporodiniella umbellata
Host: Adult of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 30 Aug. 2017.

  1. 2017/09/06(水) 16:35:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<雨に降られて | ホーム | リハリビ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/482-268e664a