スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シーズン突入?2

2017/07/11

K川へ。6月28日に行ってから早くも二週間、この時期には一週間で大きく変化するので少し日にちを空け過ぎたかもしれない。ダム湖上流の谷へ。まずカメムシタケが出ているかどうか確認。毎年もっと早く出るのだが、前回はまだだった。さすがに今回は5、6体ほど出ていたがやはり未熟。2体を持ち帰る。
kame170711b.jpg

kame170711a.jpg

kame170711c.jpg
Ophiocordyceps nutans
Host:Stink bug Place:Nagaokakyo. 11 Jul. 2017.


続いていつもの坪へ。途中苔の中に白い糸のようなものを発見。どうやら未熟な虫草のようだ。似たようなものは何度か見かけたことがあるが追培養が成功した試しがない。すぐ近くに同じようなのがもう一体。こちらは細い小枝に穿孔した虫から出ているようだ。両方とも現地に置いて経過観察することにした。
humei170711a.jpg

humei170711b.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host:Larva of Lepidoptera? Place:Nagaokakyo. 11 Jul. 2017.


いつもの坪に到着。前回未熟だったハヤカワセミタケはむしろ過熟気味。もう一体の方は結局見つからなかった。既に胞子放出を終えて萎びてしまったのだろう。
haya170711a.jpg
Metarhizium owariense
Host:N ymph of cicada Place:Nagaokakyo. 11 Jul. 2017.


シャクトリムシハリセンボンはほぼ完熟状態になっていた。
“syaku170711a.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host: Larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 11 Jul. 2017.


帰り際にホソエノコベニムシタケを1体みつけた、やや未熟だ。
“hosoe170711a.jpg"
Cordyceps cardinalis
Host: Larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 11 Jul. 2017.

  1. 2017/07/14(金) 20:48:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<大型ハヤカワセミタケ | ホーム | セミタケ2017>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/477-fcc90df1