スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エニワセミタケのアナモルフ

2017/5/28~6/13

5月28日の夜、K田さんから電話があった。広島県での採集会でエニワセミタケがたくさん見つかったので、Aさんからのおすそ分けの標本を届けにきてくださったのだ。
標本はかなりきれいなエニワセミタケのアナモルフ2体で、やや未熟だ。
翌日さっそくクリーニングして撮影。その後追培養することにした。なお、宿主は触覚の構成からヒグラシの若虫と同定した。
eniwa170529a.jpg

eniwa170529e.jpg

eniwa170529b.jpg

eniwa170529c.jpg

eniwa170529d.jpg

“semi170529.jpg"
Polycephalomyces? sp.
Host:Nymph of cicada Place:Hiroshima pref. 28 May. 2017.


6月13日、約二週間の追培養で分生子の層がかなり分厚くなったが、結局有性型の子嚢殻はできなかったので、撮影後、検鏡して固定することにした。
eniwa170613b.jpg

eniwa170613c.jpg

eniwa170613d.jpg

eniwa170613a.jpg
Polycephalomyces? sp.
Host:Nymph of cicada Place:Hiroshima pref. 13 Jun. 2017.


フィアライドと分生子。以前検鏡した長岡京産のものと変わらない。
enifea1.jpg
Phialides of Polycephalomyces? sp.

enibun1.jpg
Conidia of Polycephalomyces? sp.
  1. 2017/06/14(水) 09:45:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ハゴロモ生不明種 | ホーム | クサナギが帰ってきた>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/472-ece31e06