春虫草2

2017/3/23、29、30

23日は京都市内に知人の展覧会を見に行くついでに、またもオオセミタケの坪を覗いてみた。
まだ完熟ではないがかなり伸びてきており、数も27体と増えてきている。
osem170323a.jpg

osem170323b.jpg

osem170323c.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:Nymph of cicada Place:Kyoto. 23 Mar. 2017.


その後さらに別の場所に向かい、菌生虫草を探した。ここはまだ私自身は見つけたことが無いが、かなり以前にハナヤスリタケが見つかったという記録がある。
クヌギやシイ等の大木が多数生えているが、ここにもナラ枯れが及んでいるように見える。かなり探した後、斜面に生えたシイの大木の根の間に黒い頭が見えた。ヌメリタンポタケだ。周囲を探すとさらに2体が見つかったが、他には出ていない。同じ種類の木の周りを次々に調べていくと、少し離れた場所でまとまって出ているのがみつかった。結局ヌメリタンポタケは全部で9体。
nume170323a.jpg

nume170323b.jpg
Tolypocladium longisegmentum
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 23 Mar. 2017.


帰り際に同じ種類の木を調べながら歩いていると、今度はハナヤスリタケが1体、見つかった。かなり大きいが、周りを調べても他には見つからなかった。この1体は持ち帰った。
hana170323a.jpg
Tolypocladium ophioglossoides
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 23 Mar. 2017.


持ち帰ったハナヤスリタケ
hanaya170323c.jpg
Tolypocladium ophioglossoides
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 23 Mar. 2017.


久しぶりに検鏡。子嚢胞子。
hanayahousi170329b.jpg
ascospores of Tolypocladium ophioglossoides

こちらは折れていたので拾ってきたヌメリタンポタケの頭部から出た子嚢胞子。両端の小さな二次胞子が1対だけの9分裂型。京都東山産はこのタイプだ。
numehousi170329b.jpg
ascospores of Tolypocladium longisegmentum

菌友のO江さんがSNSのメッセージでハナヤスリタケらしき菌生虫草の坪を教えてくれたので行ってみたが、文章だけではなかなか正確な場所がわからない。何度か訊き直して、最後は付近の写真まで送ってもらって、やっとのことで見つかった。
途中、落葉の下に掘り返されたような跡を見つけ、先行者に全て採り尽くされたのかと嘆く場面もあったが、後にこれは勘違いとわかった。
これは29日に見つけたヌメリタンポタケ。最終的にわかった場所から20m以上離れていた。
nume170329b.jpg
Tolypocladium longisegmentum
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto pref. 29 Mar. 2017.


結局みつかったハナヤスリタケの坪。
かなりの数が出ていたが、予想よりも小さかったこと、木から少し離れていたことなどもあり、なかなか見つからなかった。
hanaya170330b.jpg
Tolypocladium ophioglossoides
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto pref. 30 Mar. 2017.


持ち帰ったハナヤスリタケ
hanaya170330c.jpg
Tolypocladium ophioglossoides
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto pref. 30 Mar. 2017.


子嚢胞子
hanayahousi170330b.jpg
ascospores of Tolypocladium ophioglossoides
  1. 2017/04/01(土) 15:02:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 春虫草>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/468-8125689e