ようやく始動

2017/01/10

個展などいろいろあってK川も随分ご無沙汰していたが、約3か月ぶりに行ってみた。手始めにアブ谷から。ここは真冬でも葉裏の気生種が見られるところだ。途中の道で何気なく低木の葉をひっくり返してみると、さっそくコノイデオクレラ・テヌイスが見つかった。
c_t170110a.jpg
Conoideocrella tenuis
Host:scale insect Place:Nagaokakyo. 10 Jan. 2017.


アブ谷に着いていつものツバキの木を調べてみると、やはり川上橙色虫生菌が見つかった。今年はかなり数が多い。
kawa170110b.jpg

kawa170110a.jpg
Aschersonia kawakamii
Host:scale insect Place:Nagaokakyo. 10 Jan. 2017.


その近辺では他にも先ほどのコノイデオクレラ・テヌイスなどいくつかの気生種が見つかった。

ハガクレシロツブタケは真冬にもかかわらず、ちょうど良い熟度のようだ、
haga170110a.jpg
Torrubiella sp.
Host:pupa of Diptera Place:Nagaokakyo. 10 Jan. 2017.


ネクトリアの仲間。アオキの葉裏に5、6体。
nec170110a.jpg
Nectria sp.
Host:scale insect Place:Nagaokakyo. 10 Jan. 2017.


場所を変えて隣の谷ではツバキの葉裏にアスケルソニア・ゴルディアーナが多数。
asc_g170110a.jpg
Aschersonia goldiana
Host:Whitefly Place:Nagaokakyo. 10 Jan. 2017.


他にクモの卵嚢と思われる物から出たTorrubiellaが見つかったが、これはいつものアカツブではなくコゴメクモタケだろう。
kogo170110a.jpg
Torrubiella plana
Host:Egg-sac of spider Place:Nagaokakyo. 10 Jan. 2017.

  1. 2017/01/14(土) 12:53:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2017年1月まとめ | ホーム | ツブノセミタケの新芽>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/465-8d52ad2c