スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2016年10月前半まとめ

2016/10/06、10、11

個展が近づいてきているのでなかなか探索に行けない。行けたとしても遠出はできないのであまり収穫がない。

6日は京都市内に知人の展覧会に行くついでにいつもの公園にキノコを見に行った。まずセミノハリセンボンを探したが一つも見つからない。次にミヤマタンポタケの坪を見に行った。食べられるものも含めて非常に多くのきのこが出ていたが、目的のミヤマはなかなか見つからない。しかたがないので普通のきのこの写真でも撮ろうと三脚の準備をしていると、すぐそばの朽木から見覚えのある頭部が出ているのに気付いた。この種は朽木生ではないが、木が分解した土が好きなのか朽木のすぐそばに出る傾向がある。今回も一見朽木から出ているように見えるが、木はほとんど分解されて土と化している。周りを調べると10本あまりが見つかった。
miyatan161006d.jpg

miyatan161006c.jpg

miyatan161006a.jpg

miyatan161006b.jpg

miyatan161006e.jpg
Tolypocladium intermedium f. michinokuense
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 06 Oct. 2016.


10日はK川に行ったが大雨で水嵩が増えていてクモ生探しはあきらめた。継続観察中のフタイロスカシツブタケは子嚢殻がかなり増えている。そろそろ完熟か?
huta161010a.jpg

huta161010b.jpg
Torrubiella? sp.
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 10 0ct. 2016.


11日は近所のK寺裏の山林へ。食用きのこが目的だったがあまり見つからず、虫草さがし。オイラセクチキムシタケが2体だけ見つかった。もちろん未熟だ。
oira161011b.jpg

oira161011a.jpg
Ophiocordyceps rubiginosiperitheciata
Host:larva of Coleoptera Place:Nagaokakyo. 11 0ct. 2016.

  1. 2016/10/25(火) 12:10:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ツブノセミタケの新芽 | ホーム | イモムシタケ2016>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/463-41a67210