K川、お馴染みの坪

2016/07/01, 14, 25

日付が前後するが同じ場所での経過観察なのでまとめてアップする。6月22日の記事の続きということになる。

K川本流のダム湖上流の谷。7月1日、前夜の雨で地面は濡れている。まずハヤカワセミタケのから。かなり大きくなっているが子嚢殻はまだ突出してきていない。
haya160701.jpg
Metarhizium owariense
Host:Nymph of cicada Place:Nagaokakyo. 01 Jul. 2016.


シャクトリムシハリセンボンはいよいよ子嚢殻ができてきたが、まだ小さく色も薄い。
syaku160701.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 01 Jul. 2016.


ホソエノコベニムシタケはほぼ完熟したようだ。
hosoe160701.jpg
Cordyceps cardinalis
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 01 Jul. 2016.


7月14日、同じ場所。二週間空いてしまった。ハヤカワセミタケはとっくに完熟を過ぎて、2本あったストローマの内1本はなくなってしまっている。
haya160714.jpg
Metarhizium owariense
Host:Nymph of cicada Place:Nagaokakyo. 14 Jul. 2016.


シャクトリムシハリセンボンのほうはほぼ完熟に近い。
shaku160714a.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 14 Jul. 2016.


流れのそばの平地に何やら虫草のようなものが出ている。よくみると近くのスズメバチにつながっている。トガリスズメバチタケだ。これは持ち帰る。
togari160714a.jpg

hati160724.jpg
Ophiocordyceps oxycephala
Host:Wasp Place:Nagaokakyo. 14 Jul. 2016.


カメムシタケは前々回みつけたもの以外にさらに数体みつかったが、2体採集した。近くに非常に小さなホソエノコベニムシタケが数体みつかったが、これは採らず。
hosoe160714a.jpg
Cordyceps cardinalis
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 14 Jul. 2016.


7月25日、同じ場所。シャクトリムシハリセンボンはまさに完熟だ。しかし重複寄生菌が出るかどうか見るため、採集せずに置いておく。
syaku160725.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 25 Jul. 2016.


この日は川岸の葉裏も調べてクモ生種をいくつか見かけたが、いずれも未熟だった。最初のはクモノエツキツブタケ、次のはコエダクモタケだ。
kumo160725.jpg
Torrubiella globoso-stipitata
Host:spider Place:Nagaokakyo. 25 Jul. 2016.


koeda160725.jpg
Torrubiella leiopus
Host:spider Place:Nagaokakyo. 25 Jul. 2016.

  1. 2016/07/28(木) 11:27:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2016虫草祭 | ホーム | 2016セミタケ事情>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/453-7e8c2e24