ジムシヤドリタケの坪再訪

2016/6/27

久しぶりに一日中晴れの予報だったので、自転車で遠出することにした。一ヶ月前にも行ったS川だが、雨が降り続いたので地面はほどよく湿っていて期待できそうだ。早速くホソエノコベニムシタケが見つかった。一応完熟しているようだ。この日は後でもう一体みつかった。
hosoe160627a.jpg

hosoe160627b.jpg
Cordyceps cardinalis
Host:larva of Lepidoptera Place:Kyoto. 27 Jun. 2016.


タイワンアリタケはまだ以前に比べると随分少なくなった。発生サイクルが終わりかけているのかもしれない。
ari160627.jpg
Ophiocordyceps unilateralis
Host:Ant Place:Kyoto. 27 Jun. 2016.


ジムシヤドリタケの坪に到着。早速一ヶ月前に見つけた辺りから調べる。前回見つけた場所から少し離れた所でまず一体発見。そこを中心に範囲を拡げていくと、次々に見つかった。かなりの数だ。
jimusi160627a.jpg

jimusi160627b.jpg

jimusi160627c.jpg
Ophiocordyceps superficialis
Host:larva of Coleoptera Place:Kyoto. 27 Jun. 2016.


その中に一体、重複寄生のものがあった。いつものシロサンゴタケではなく白っぽい子嚢殻が見える。コメツキヤドリシロツブタケだ。普通はコメツキムシタケに付くのだが、これはジムシヤドリタケに付いている。掘ってみたが基部が弱くなっているのかギロチンしてしまった。
komeyado160627b.jpg
Torrubiella sp.
Host: larva of Coleoptera Place:Kyoto. 27 Jun. 2016.


その後さらに範囲を拡げると、今まで気付かなかった場所までジムシヤドリタケの坪が拡がっていることがわかった。その数18体、重複寄生のもまで含めると20数体になる。何体か掘ってみたが、古くなっているのか簡単に切れてしまう。3体ほどギロチンしてしまった。

その間にクチキムシツブタケが一体、
kutiki160627a.jpg
Polycephalomyces cuboideus
Host:larva of Coleoptera Place:Kyoto. 27 Jun. 2016.


帰り道でカイガラムシキイロツブタケが一体みつかった。
kaikii160627.jpg
Torrubiella sperficialis
Host:Scale insect Place:Kyoto. 27 Jun. 2016.


持ち帰った標本。ジムシヤドリタケ。
jimusi160627d.jpg

jimusi160627e.jpg

jimusi160627f.jpg

jimusi.jpg

Ophiocordyceps superficialis
Host:larva of Coleoptera Place:Kyoto. 27 Jun. 2016.


コメツキヤドリシロツブタケ。ただし宿主はジムシヤドリタケ。
komeyado160627a.jpg
Torrubiella sp.
Host:larva of Coleoptera Place:Kyoto. 27 Jun. 2016.


クチキムシツブタケ
kutiki160627b.jpg
Polycephalomyces cuboideus
Host:larva of Coleoptera Place:Kyoto. 27 Jun. 2016.


ホソエノコベニムシタケ
hosoe160627c.jpg
Cordyceps cardinalis
Host:larva of Lepidoptera Place:Kyoto. 27 Jun. 2016.

  1. 2016/07/02(土) 10:54:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2016セミタケ事情 | ホーム | みんな未熟>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/451-eceb8c60