みんな未熟

2016/06/21, 22

この梅雨は充分過ぎるほど雨が降る。予報も降水確率が高い日が多いのでなかなか遠出ができず、短時間の御近所調査が主になる。
21日はK寺へ。クモタケは順調に出ている。ヒメクチキタンポタケもそろそろ完熟に近づいているが、以前よく出ていたコガネムシハナヤスリタケやクチキムシツブタケは全く出なくなった。
そんな中でツブノセミタケの坪だけは健在だ。最初にこの場所を見つけたのは1980年台の終わり頃だから、もう27、8年も出続けていることになる。現在も4、5体が見られる。
この写真のものは昨年の古い株から新しい芽が出て来ている。少しだけ子嚢殻ができ始めているようだが、全体としては白くて未熟だ。
tubusemi160621.jpg
Polycephalomyces prolificus
Host:Nymph of cicada Place:Nagaokakyo. 21 Jun. 2016.


22日はK川へ。まずアブ谷を調べたが、川岸の葉裏からは未熟なクモ生虫草がいくつか見つかった。その中でアカンソミセス・ノヴォギネエンシスだけは一応完熟していた。
A_n160622.jpg
Akanthomyces novoguineensis
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 22 Jun. 2016.


一応斜面も調べてみたが、マユダマタケが1体みつかっただけだった。
mayu160622.jpg
Polycephalomyces sp.
Host:larva of Coleoptera Place:Nagaokakyo. 22 Jun. 2016.


続いて本流のダム湖上流の谷へ。一週間前に行ったばかりだが、この時期は次々と新しいものが出る。まず前回みつけておいたハヤカワセミタケの成長具合を見る。あまり変化はないようだ。
haya160622a.jpg
Metarhizium owariense
Host:Nymph of cicada Place:Nagaokakyo. 22 Jun. 2016.


写真を撮ろうしてふと近くの低木を見ると何か付いている。なんと久しぶりのシャクトリムシハリセンボンだ。やや小型で未熟だ。もちろん採集はせず。
syaku160622b.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 22 Jun. 2016.


さらに辺りを調べてホソエノコベニムシタケを見つけた。これまた未熟だ。
hosoe160622a.jpg
Cordyceps cardinalis
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 22 Jun. 2016.


この日みつかったものはみんな未熟だったが、2週間後がぐらいが楽しみだ。
  1. 2016/06/29(水) 12:17:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ジムシヤドリタケの坪再訪 | ホーム | いよいよ梅雨入り>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/450-84a478f9