サキブトタマヤドリタケ(関東型)

2016/3/29

東京での個展中の2月23日、広尾山荘主人ことN島さんが来廊されて、その日埼玉県のT山で採集してこられたという未熟な菌生虫草をいただいた。容器の中で追培養すること一ヶ月、ようやく完熟したので写真を撮り、胞子を検鏡した。関西のものに比べてやや柄が細長く結実部との境界がややはっきりしているが、一応サキブトタマヤドリタケ Tolypocladium sp. として良さそうだ。
色もかなり鮮やかな黄橙褐色だが、野外ではもっとくすんだ色になるのかもしれない。
sakibuto1.jpg

sakibuto2.jpg

sakibuto3.jpg
Tolypocladium sp.
Host: Elaphomyces sp. Place:Hannou. 23 Feb. ~ 29 Mar. 2016.


胞子は64個ほどに分裂し、関西のものと同じだ。
sakibutohousi2.jpg

sakibutohousi4.jpg
ascospores of Tolypocladium sp.
  1. 2016/04/11(月) 10:46:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<早くもサナギタケ | ホーム | 2016年のオオセミタケ事情>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/443-ba078728