ヒメクチキタンポタケ2

2005/05/27

24日にK川で採集してきたもののうち、ヒメクチキタンポタケマルミアリタケクサナギヒメタンポタケが一斉に胞子を出し始めた。昨日から急に暑くなったせいかもしれない。あわててスライドグラスの上に虫草の頭部を置き、胞子を放出させた。ほとんど待つ間もなく白いものが積もる。

himekuti8s.jpg

ヒメクチキタンポタケCordyceps annullata

himekutis.jpg

ヒメクチキタンポタケの子嚢胞子がちぎれずに観察できた。子嚢胞子は32個の二次胞子に分裂する。
二次胞子は非常に特徴のある形をしている。長円筒状で途中ニ箇所で隆起しダンベルのような形に見える。両端の二個だけが違う形だ。

himekuti2s.jpg

二次胞子 6.5~7.5×2~2.5μ

himekuti6s.jpg

子嚢の中にある時からすでにダンベル型をしている。

himekuti7s.jpg

子嚢は幅6~7×長さ350~450μ
  1. 2005/05/27(金) 23:33:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<クサナギヒメタンポタケ | ホーム | Beauveria bassiana>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/44-a22f4b3f