スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2015柿木村虫草探索会3

2015/08/22,23

持ち帰った採集品のいくつかを顕微鏡で調べてみた。

まず22日の午前中の探索で見つけたウスキサナギタケ。この種は2体みつけたが、もう1体の方は古かったのかバラバラになってしまった。
“usuki150822b.jpg"

“uski150822a.jpg"
Cordyceps takaomontana
Host:pupa of Lepidoptera. Place:Kakinoki village (Shimane pref.) 22 Aug. 2015.


子嚢殻
usukisinoukaku2.jpg
perithecia of Cordyceps takaomontana

子嚢、ややヌンチャク形になっている。
usukisinou2.jpg
asci  of Cordyceps takaomontana

子嚢胞子、以前調べた長岡京産のものではヌンチャク形になっていた。今回は胞子の自然放出がなかったので無理やり子嚢殻をつぶして観察したせいか、はっきりしたヌンチャク形は見られなかった。おそらく途中で切れてしまっているのだろう。
usukihousi2.jpg
ascospore of Cordyceps takaomontana

次はこれも22日の午前中の探索で見つけたサビイロクビオレタケ。
“sabi150822c.jpg"

“sabi150822d.jpg"
Ophiocordyceps ferruginosa
Host:larva of Diptera. Place:Kakinoki village (Shimane pref.) 22 Aug. 2015.


子嚢殻
“sabisinoukaku.jpg"
perithecia of Ophiocordyceps ferruginosa

子嚢
“sabisinou.jpg"
asci  of Ophiocordyceps ferruginosa

子嚢胞子
“sabihousi.jpg"
ascospore of Ophiocordyceps ferruginosa

次は自分で採ったものではなく、Aさんからいくつかもらったコツブイモムシハリタケ。やや古くなっていてマユダマタケの重複寄生が見られる。
“imo150822a.jpg"

“im0150822b.jpg"

“imo150822c.jpg"
Ophiocordyceps crinalis
Host:larva of Lepidoptera. Place:Kakinoki village (Shimane pref.) 22 Aug. 2015.


子嚢殻
“imoharisinoukaku.jpg"
perithecia of Ophiocordyceps crinalis

子嚢
“imoharisinou.jpg"
asci  of Ophiocordyceps crinalis

子嚢胞子
“imoharihousi.jpg"
ascospore of Ophiocordyceps crinalis
  1. 2015/08/31(月) 12:52:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今年も東京都内の虫草 | ホーム | 2015柿木村虫草探索会2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/430-c823ea9e