2年振りのクモ

2005/05/24

K川へ、まずクサナギヒメタンポタケのその後を見に行く。前から観察を続けている個体は子嚢果がかなり突出して半裸生になっている。

kusanagi8s.jpg

撮影しようとして気が付いたのだが、すぐ斜め下にもう一体出ていた。かなり成熟しているから、前回見落としたものだろう。すぐ近くだからどちらか一体採っても坪の保存には影響がないだろうと考えて、一体を持ち帰ることにする。さらに少し離れたところでもう2体見つけた。今年の発生はこれで8体ということになる。

sanagi8s.jpg

サナギタケも比較的大きなものを一体見つけた。他には小さなゾウムシから出たボーベリア(虫カビ)が一体。その後も道沿いの斜面を調べながら進んだがそれ以上みつからず、アリタケ(マルミアリタケ)の坪のある倒木群に足を伸ばした。アリタケ(マルミアリタケ)は今が最盛期のようで、ざっと見ただけで十数体みつかった。いくつか持ち帰る。

himekuti5s.jpg

ヒメクチキタンポタケも一体見つかったが、かなり成熟してきている。

kumo7s.jpg

帰りにもう一度、新しく見つけたクサナギを捜すが、場所をよく覚えていない。やっとのことで見つけたが、その際小さな枯れた雄しべのようなものを見つけてルーペで見ると、これがクモの屍体だった。しかも白いツブのような子嚢果がついている。2003年にたった一体だけ見つけた不明のクモ虫草にそっくりだ。まさかもう一度お目にかかれるとは思わなかった。
  1. 2005/05/24(火) 20:14:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Beauveria bassiana | ホーム | 今年は不作?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/42-38b29348