オオセミタケ好調

2015/04/07

今年の桜は随分短かった。急に暖かくなって一気に満開になったかと思ったら、二日続きの雨であっけなく散ってしまった。7日もまだ少し雨がぱらついていたが、午後には晴れる予報だったので思い切って京都市内に出かけた。
いつもの公園へ。狙いはもちろんオオセミタケだ。花見のシーズンとはいえ平日で天気があまり良くないとあって人出は少ない。桜もかなり散ってしまっていた。
実は3月25日にもこの場所を調べたのだが、その時には45体ほど見つかっていた。2週間でどれだけ増減したか調べるのが今日の目的だ。
早速調べ始める。前回はやや未熟なものがほとんどだったが、今回はほぼ完熟している。数もかなり増えていて、70体を数えた。ただ、花見客に踏み潰されたのか、頭部がとれて柄だけが残っているものがかなりあった。掘り取られたと思われる跡もあったが、数は少なかった。そういうものも含め、数え終わった後に見つかったものも含めれば、おそらく100体ぐらい出ていたのではないだろうか。
公園全体で数100体発生していた頃に比べると大したことはないが、昨年に比べればかなり好調と言えるだろう。
形のいいものを2体だけ掘り取って持ち帰った。
oosemi150407b.jpg

oosemi150407c.jpg

oosemi150407d.jpg

oosemi150407e.jpg

oosemi150407f.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host: nymph of cicada. Place:Kyoto. 07 Apr. 2015


持ち帰ったオオセミタケ
oosemi150407a.jpg

oosemi150407g.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host: nymph of cicada. Place:Kyoto. 07 Apr. 2015

  1. 2015/04/11(土) 16:26:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<山のオオセミタケ | ホーム | 菌生虫草好調>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/416-4619b551