スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

真冬の虫草

2015/01/28, 02/11

この冬は例年になく寒い上に、やたらと雨が多い。ちょっと運動不足気味なので出かけたいのだが、予定していた日に天気が悪いと気がくじかれる。K川はまたしても工事で通行止めになってしまったので、遠くまで足を伸ばさねばならないとなるとなおさらだ。
1月28日は京都市西京区のS川に出かけた。もともと自転車で行くつもりだったが、やはり寒いのでのんびり電車で行くことにした。
川沿いの道を低木の葉を裏返して調べながら進む。タイワンアリタケはこの季節でも簡単に見つかるが、結実しているものは少ない。
そのうちに白い小さなものが付いているのが目に入った。なんとハスノミクモタケだ。昨年に続いて2体目だが、どうしてこんな季節に見つかるのか不思議だ。
hasu150128a.jpg

hasu150128b.jpg
Cordyceps nelumboides
Host: spider. Place:Kyoto. 28 Jan. 2015


他にもギベルラ・プルクラ一体と、干涸びてよくわからないクモ生種が数体みつかった。
kumo150128a.jpg
Gibellula pulchra
Host: spider. Place:Kyoto. 28 Jan. 2015


クモ以外ではハイイヌガヤの葉に付いたカイガラムシ生のアナモルフ菌が多数。これはおそらくカイガラムシキイロツブタケの無性時代だろう。
完熟したタイワンアリタケが見つかったので、撮影後採集した。
tai150128a.jpg

tai150128b.jpg
Ophiocordyceps unilateralis
Host: ant. Place:Kyoto. 28 Jan. 2015



2月11日は久しぶりにK川に行ったが、入口が封鎖されているので反対側のキャンプ場の方から入らねばならず、通常の倍以上の距離を行かねばならない。いつものダム湖上流の谷を調べたが、まず見つかったのはヒメクチキタンポタケ、流れのすぐ側にころがった倒木上に合計3体出ていた。もちろんすべて未熟だ。
hiku150211a.jpg

hiku150211b.jpg
Cordyceps annullata
Host: larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 11 Feb. 2015



さらに進むとガヤドリの仲間が一体、川岸のシダの葉に付いているのが見つかった。よく見ると赤褐色の子嚢殻が出ているが、これは昨年のうちにできた古いものだろう。普通のガヤドリナガミツブタケと見てよさそうだ。
ga150211b.jpg

ga150211a.jpg
Cordyceps tuberculata f.moeleri
Host:  adult of moth. Place:Nagaokakyo. 11 Feb. 2015



ここでもクモ生がいくつか見つかった。ひとつは古いコゴメクモタケだが、宿主はよくわからない。
あとは古いギベルラと、よくわからない未熟なもの。
kogome150211.jpg
Torrubiella plana
Host: spider? Place:Nagaokakyo. 11 Feb. 2015


kumo150211a.jpg
Gibellula pulchra
Host: spider. Place:Nagaokakyo. 11 Feb. 2015


kumo150211b.jpg
Gibellula or Torrubiella sp.
Host: spider. Place:Nagaokakyo. 11 Feb. 2015

  1. 2015/02/13(金) 22:10:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2月後半まとめ | ホーム | 2015年虫草初め>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/413-4f799d45