スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

東京都内の虫草

2014/08/30、31

東京でグループ展があったので初日の8月30日、朝から新幹線で上京した。昼過ぎまで画廊にいて、夕方のオープニングパーティーまでの間、抜け出して虫草探しに出かけた。3、4時間しかないので、23区内で2カ所廻るぐらいがせいいっぱいだ。
地下鉄と私鉄を乗り継いで目的地のS区某所へ。ここは梅雨頃ならオサムシタケなども見られる所だが、さすがに時季が遅過ぎて見つからない。土曜日とあって人出が多く、立ち止まっていると、ほとんど間断なく人が通り過ぎて行く。
しばらく探していると、細い石段の側の斜面に白いものが見えた。ツクツクホウシタケだ。近くを調べると6、7体がつぎつぎとみつかった。大半は雨に打たれて胞子がながれ落ち、萎びかけている。撮影した後、ややましな状態のものを一体だけ掘り出した。側に感染した若虫が一体露出していたので、それも採集して持ち帰ることにした。
tuku140830a.jpg

tuku140830b.jpg
Isaria cicadae
Host: nymph of cicada. Place:Tokyo. 30 Aug. 2014


さらに辺りを調べると、セミノハリセンボンが一体と、ボーベリア菌に感染したセミが一体みつかった。どちらも持ち帰ることにした。
semiha140830a.jpg
Isaria takamizusanensis
Host: adult of cicada. Place:Tokyo. 30 Aug. 2014


その後もう一カ所、オサムシタケがよく出る公園を調べてみたが、ここでもオサムシタケはもう出ていなかった。コナサナギタケを一体採集しただけで画廊に戻った。

翌31日も画廊に行く前に別の場所を調べたが、ここでもオサムシタケは見られず、ボーベリア菌に感染したハチを一体拾って持ち帰った。もう一泊する余裕もなかったので、画廊からそのまま帰宅した。

東京から持ち帰った虫草。
ツクツクホウシタケ。寄主の若虫がツクツクホウシにしては非常に小さい。弱齢の若虫か別種(チッチゼミなど)の若虫かもしれない。
tuku140830c.jpg
Isaria cicadae
Host: nymph of cicada. Place:Tokyo. 30 Aug. 2014


セミノハリセンボン
semiha140830b.jpg
Isaria takamizusanensis
Host: adult of cicada. Place:Tokyo. 30 Aug. 2014


ボーベリア・バッシアーナ
B_B140830b.jpg

b_b140830a.jpg
Beauveria bassiana
Host: adult of cicada, wasp Place:Tokyo. 30,31 Aug. 2014


コナサナギタケ
kona140830.jpg
Isaria farinosa
Host: pupa of  Lepidoptera? Place:Tokyo. 30 Aug. 2014

  1. 2014/09/12(金) 15:33:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2014年9月のまとめ | ホーム | ゾンビー・アントを探して>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/407-476c69f3