クビオレアリタケ探索2

2013/07/22

この記事を書いている時点で2013年の虫草祭からすでに帰ってきているが、その記事をアップする前にクビオレアリタケの重複寄生菌の件を整理しておきたい。まず、20日に採集してきた標本を22日に撮影した写真から。
kubiari130722a.jpg

kubiari130722b.jpg

kubiari130722c.jpg
Ophiocordyceps unilateralis var. clavata
Host: ant. Place:Sanda. 20 Jul. 2013


すでに胞子を吐き出していたので検鏡した。一昨年は未熟で充分に観察できなかったものだ。

クビオレアリタケの子嚢胞子
kubiarihousi.jpg
ascospores of Ophiocordyceps unilateralis var. clavata

ところで持ち帰った標本の中に重複寄生菌と思われるものがあった。白い糸のように見えるのがそれだが、昨年タイワンアリタケから出たものと同じくSporotricum niveum Kobayasiと思われる。一応アリノシロイトタケという仮名が付いているようだ。
kubiari130722e.jpg
Sporotricum niveum Kobayasi?
Host: ant. Place:Sanda. 20 Jul. 2013


検鏡して確認したが、小林論文のデータとほぼ一致する。

分生子柄束
arisiro1.jpg
synnema of Sporotricum niveum Kobayasi?

分生子
arisiro2.jpg
conidiogenous cels and conidia of Sporotricum niveum Kobayasi?

同じ標本を反対側から見ると白いツブツブのようなものが見える。これも重複寄生菌だろう。7月3日に三田市で撮ったクビオレアリタケに写っていたものと同じと思われる。
kubiari130722f.jpg

kubiari130722g.jpg

検鏡してみたが、やはり子嚢菌の子嚢殻のようだ。子嚢胞子は確認できたが子嚢は確認できなかった。消失性の子嚢か?
7月3日の写真を見た時には、最近新種記載されたばかりのツブガタアリタケ (Ophiocordyceps sessilis) の未熟なものではないかと疑ったが、どうやら違うようだ。もしかするとアリノシロイトタケの有性時代かもしれない。

子嚢殻
kubiari4b.jpg
perithecia of unknown fungi ( teleomorph of Sporotricum niveum Kobayasi? )

子嚢胞子
kubiari4a.jpg
ascospores of unknown fungi ( teleomorph of Sporotricum niveum Kobayasi? )
  1. 2013/07/31(水) 11:41:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<虫草祭2013 | ホーム | クビオレアリタケ探索 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/385-7a95927c