今年も猪名川

2013/06/03

昨年は5月30日に兵庫県の猪名川町に遠征してかなりの収穫があった。そこで今年も行ってみたのだが、やはりここでも虫草の発生が遅れているようだ。いつもの谷に入って、まずタイワンアリタケを調べた。丈の低い木の葉裏に菌に冒されたアリが付いている。一々数えたわけではないが、30体以上はあっただろう。大半はまだ子実体が出ていない未熟なもので、子実体が出ているものも結実していないものばかりだった。
ari130603e.jpg

ari130603f.jpg
Ophiocordyceps unilateralis
Host: ant. Place:Inagawa. 03 Jun. 2013


かなりの時間探してようやく2体だけ結実しているものが見つかった。
ari130603d.jpg

ari130603c.jpg

ari130603b.jpg

ari130603a.jpg
Ophiocordyceps unilateralis
Host: ant. Place:Inagawa. 03 Jun. 2013


続いて昨年タンポタケモドキに似た菌生虫草を見つけた場所を見に行った。ちょっと見たところ何も出ていないようだったが、目を近づけて見ると1cmに充たない小さなストローマが1体見つかった。さらに地上に露出したツチダンゴから数ミリほどのストローマが1体。昨年は5月末でももっと大きくなっていたから、今年はやはり全体的に虫草の発生が遅れているのだろう。
kin130603a.jpg

kin130603c.jpg

kin130603b.jpg
Elaphocordyceps sp.
Host: Elaphomyces. Place:Inagawa. 03 Jun. 2013


他の種類も探してはみたのだが、何も見つからなかった。地面も乾き気味で見つかりそうな雰囲気がなかった。3週間ぐらいしてからまた行ってみよう。
  1. 2013/06/04(火) 18:05:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<待望の雨 | ホーム | 五月晴れ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/378-71e0aeef