スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

消失

2005/05/9

K川へ。4月25日から継続観察していたクサナギヒメタンポタケを見に行ったが、なくなっていた。雨が降ったが虫草が掘り出される程の大雨ではなかったので、やはり人の手で掘り採られたのだろう。この場所はハイキングコースの道沿いであり、未熟なクサナギは真っ白なので目に付きやすいのだ。実は昨年も観察中のクサナギが連休中に折り採られていた。採った人を非難することはできないが、落葉をかぶせて隠しておかなかったことが悔やまれる。

kusanagi2s.jpg

気を取り直してもう一度辺りを調べると、1cmに満たない小さな未熟個体が2体みつかった。先週も調べた場所なので、一週間の間に新しく出て来たものだろう。

syakuto4s.jpg

調べているうちに地面に落ちている未熟なシャクトリムシハリセンボンをみつけた。まだ出始めたばかりのようだ。ホストの幼虫も柔らかい感じがする。

konasana1s.jpg

さらにコナサナギタケも見つかった。普通なら写真も撮らない種類だが、今年初めての個体なので撮っておいた。サクランボのチャワンタケもたくさん出て来ており、この一週間で随分にぎやかになってきたような気がする。
  1. 2005/05/09(月) 17:56:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<サナギタケ2 | ホーム | コガネムシハナヤスリタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/37-621f4404