久しぶりのウスキサナギタケ

2012/08/29

この日もK川。ハガクレ谷の上流で分岐する別の谷を調べた。ありふれたクモ生以外特に珍しいものは見つからない。かなり調べた後、ハガクレ谷に戻る途中でハナサナギタケを見つけた。普通はこのようなありふれた種類は目がかってに避けるのだが、先日のツクツクホウシタケのこともあり調べてみる気になった。ところがよく見ると黄色っぽいものが混じっている。有性型のウスキサナギタケだ。ここK川ではもう10年以上見ていない。
usuki120829a.jpg
Cordyceps takaomontana
Host: pupa of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 29 Aug. 2012


久しぶりの収穫に気を良くして、帰り道は斜面を念入りに調べながら進む事にした。するとすぐにまたハナサナギタケが見つかった。これにもウスキサナギタケのストローマが混じっている。普段なら見逃していたかもしれない。
usuki120829b.jpg

usuki120829c.jpg
Cordyceps takaomontana
Host: pupa of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 29 Aug. 2012


ウスキサナギタケは普通種とされているが、意外と見つからない種類だ。最近WEB上でもウスキサナギタケの記事が続けざまに2件アップされた。もしかしたら今年は有性型が出る何らかの条件がたまたま整ったのかもしれない。

持ち帰ったウスキサナギタケ
usuki120829e.jpg

usuki120829g.jpg

usuki120829d.jpg

usuki120829f.jpg
Cordyceps takaomontana
Host: pupa of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 29 Aug. 2012


以前ウスキサナギタケを採集した時にはまだ顕微鏡を持っていなかった。したがってまともに検鏡するのはこれが初めてだ。


子嚢殻。
usukisinoukaku.jpg
perithecia of Cordyceps takaomontana

子嚢。
usukisinou.jpg
asci of Cordyceps takaomontana

子嚢胞子はヌンチャク形。
usukihousi.jpg
ascospore of Cordyceps takaomontana

ついでにアナモルフ(無性型)のハナサナギタケも検鏡した。分生子形成細胞と分生子。
usukiana.jpg
conidiogenous cells and conidia of Isaria tenuipes
  1. 2012/08/31(金) 15:49:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<冬虫夏草の文化誌 | ホーム | ツクツクホウシタケの坪>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/368-543472ed