ツクツクホウシタケの坪

2012/08/24

夏の間はK川の川筋を一つづつ巡ることにする。この日はアブ谷。何度かの集中豪雨で山道はかなり荒れた感じだ。川に降りて葉裏の調査。目立つのはハガクレシロツブタケだけで、他のものはなかなか見つからない。ふと川岸の斜面を見るとかなり大型のイザリア型虫草が目に入った。なんだハナサナギタケかと思ったが、よく見るとどうも違う。なんとツクツクホウシタケだ。周りを見るとあちらにもこちらにも出ている。何と総計30体ほどもあった。実を言うとK川流域でこの種を見るのは初めてだ。10年以上通っているのにだ。
tuku120824a.jpg

tuku120824b.jpg

tuku120824c.jpg

tuku120824d.jpg
Isaria cicadae
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 24 Aug. 2012


ツクツクホウシタケは京都市の東山でも出ているし、高槻市でも出ているのだが、どういうわけか長岡京市では見た事がなかった。この時季には葉裏ばかりで地面をあまり見ていないので、見逃していたのかもしれない。有性時代のツクツクホウシセミタケも探してみたが、見つからなかった。

その後川の中を通って調べたが、クモ生虫草を一体見つけただけで、特に目新しいものはなかった。
帰りは川から上がって山道を通ったが、至る所で落石や倒木が道をふさいでいたり、崩落があったりで、およそ道の体をなしていなかった。よほどの豪雨だったと思われる。

持ち帰ったツクツクホウシタケ。一応検鏡もしてみたが、以前に見たものと変わるところはないので、ここでは省略する。
tuku120824e.jpg

tuku120824f.jpg

tuku120824g.jpg
Isaria cicadae
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 24 Aug. 2012


今回唯一みつけたトルビエラ型のクモ虫草。コゴメクモタケとも違うし、何なのかよくわからない。検鏡もしてみたが未熟のようで胞子は確認できなかった。
kumo120824a.jpg

kumo120824b.jpg
Torrubiella sp.
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 24 Aug. 2012

  1. 2012/08/27(月) 20:37:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<久しぶりのウスキサナギタケ | ホーム | アブラムシのトルビエラ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/367-fc1b9616