スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アブラムシのトルビエラ

2012/08/15

クモ谷調査の続き。川に入って両岸の葉裏を調べる。クモ生以外にもハガクレシロツブタケやカイガラムシ生のトルビエラなど、いつものメンバーは普通に見つかる。アブラムシ生のHirsutellaもこの時季よく見かける種類だが、この日はアオキの葉裏にかなり盛大に付いていた。一部はマユダマタケの重複寄生を受けている。
aburam120815e.jpg

aburam120815d.jpg

aburam120815f.jpg
Hirsutella sp.
Host:aphid. Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2012


何枚もの葉裏からアブラムシ生の虫草が見つかったが、その中にトルビエラの子嚢殻が付いたものがあった。アリやハゴロモやシャクトリムシハリセンボンに付いたものが過去に何度か見つかっているが、アブラムシに付いたものはこれが初めてだ。
アリに付いたものはアリノミジンツブタケ、シャクトリムシハリセンボンに付いたものはフタイロスカシツブタケと呼ばれる。
aburam120815b.jpg

aburam120815g.jpg

aburam120815h.jpg
Torrubiella sp.
Host:aphid. Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2012


子嚢殻。
aburamsinoukaku.jpg
perithecia of Torrubiella sp.

子嚢
aburamsinou1.jpg
asci of Torrubiella sp.

子嚢と二次胞子。子嚢胞子は分裂して真四角の二次胞子になるが、後に丸くなる。
aburamsinou2.jpg
asci and part-spores of Torrubiella sp.

この種だが、Torrubiella formicarum Samson et al. 1989 と同じではないかと思う。外見も検鏡データもよく似ている。
  1. 2012/08/20(月) 15:35:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<ツクツクホウシタケの坪 | ホーム | 黄色のクモ生不明種>>

コメント

私もフタイロスカシツブタケ(アリノミジンツブタケ)はTorrubiella formicarumと同種か近い種だと思います。
この種と同様に重複寄生菌で二次胞子が似た特徴を持つものを挙げると、コメツキヤドリシロツブタケ [コメツキムシタケに寄生]、
Torrubiella spaerospora [カイガラムシ(生の虫草?)]があります(他にもあるかもしれません)。

気になるのはByssostilbeとの関連です。ByssostilbeはBlistum(かつてPolycephalomycesと混同)の有性世代で、基準種の
Byssostilbe stilbigeraは粘菌寄生菌です。無性世代Blistumの方はヘビホコリ等にマユダマタケ状のシンネマを生じ、国内でも見られます。
(D川先生曰く、ごく稀にByssostilbeが混生するそうです)
Byssostilbeはトルビエラ型で二次胞子の長さと幅がほぼ等しく丸みを帯びるのが特徴です。3種あって基準種は粘菌寄生性ですが、残り2種は虫草に重複寄生する
ようです(B. fusca: ハダニベニイロツブタケ生;B. tomentosa: ハエヤドリタケ生)。この2種は無性世代が不明です。
虫草に寄生する2種はフタイロに関係がありそうです。粘菌寄生の方はシーケンスが決まっていて、Hypocrea目には属するようですが虫草のクレードに
入るか微妙なところです。おそらく虫草寄生の2種は狭義のByssostilbeではないでしょう。
ちなみに、Rossman et al (1999)はなぜかB. stilbigeraをBerkelellaに移しています。Berkelellaの基準種は硬質菌に生じており、長さが12μの紡錘形の
胞子をもつ等、B. stilbigeraと同属とは思えません。一方で虫草寄生の2種はBerkelellaに移さなかったようです。この論文は未入手なのでそのあたりの経緯は
判りません。
虫草の系統解析では重複寄生種が手薄に思えます。進化を探る上では重要だと思うのですが…。特に二次胞子が小さく丸みを帯びる仲間はクチキムシツブタケと
共通点があって興味深そうです。
  1. 2012/08/20(月) 20:37:56 |
  2. URL |
  3. K.Y #-
  4. [ 編集]

Torrubiella formicarum

K.Yさん、コメントありがとうございます。Torrubiella spaerosporaはTorrubiella formicarumと同じ論文に載っていますが、検鏡データでは両者の違いは個体差の範囲だと思います。私が観察した範囲ではフタイロスカシツブタケの子嚢殻はウスイロから褐色を経て暗紫褐色と変化するので、T. spaerosporaも寄主違いの同種の可能性があります。
Byssostilbeについては初めて知りました。貴重な情報をありがとうございます。またゆっくり調べてみるつもりです。
クチキムシツブタケとの共通点は私も以前から感じていました。Torrubiella属はクモ生の典型的なもの以外は真のTorrubiellaではないと考えた方がいいのかもしれません。クモ生でもコゴメクモタケなどは違うように思います。
尚、Samson et al.の論文に載っているもう一種T. pseudogibellulaeとコブガタアリタケ(裸生型)との関係も気になるところです。
  1. 2012/08/20(月) 23:18:10 |
  2. URL |
  3. ignatius #ysthiAkw
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/366-d1682961