スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

(続)大山虫草探索会2012

2012/06/30~07/01

翌7月1日は朝から大雨。近くに宿泊していたトリフィことM井さんの車で集合場所に向かう。山に入ると霧で視界は真っ白。それでも皆が集まる頃には雨も少し小止みになり、霧も晴れてきた。しかしこの日は結局ずっと雨のなかでの探索になった。

この日入った場所は昨年も入った沢。かって知ったる場所なのですぐに何か見つかるだろうと思っていたが、雨のせいもありなかなか見つからない。午前中いっぱい探したがほとんど収穫はなかった。昨年と同じ場所に出ていた未熟なホソエノアカクビオレタケを追培用に数本持ち帰ったのと、未熟なハチタケが1体だけだ。

午後からも少し収まった雨の中、別の場所で探索。ここでは地面から生える小さなマルミアリタケとコメツキタンポタケの坪だ。それぞれ何体か採集した。その後、昨年セミノハリセンボンを採った場所を調べたが収穫なし。結局この日は一度もカメラを出さなかった。

これは1日目のコメツキタンポタケ。
kometan120630b.jpg

kometan120630a.jpg
Ophiocordyceps gracilioides
Host: larva of  Coleoptera. Place:Mt.Daisen. 30 Jun. 2012


コメツキタンポタケは2日間で計6体を採集した。昨年は検鏡できなかったが、今年は充分に胞子を出してくれたので、しっかり検鏡できた。
kometan120703d.jpg

kometan120703a.jpg

kometan120703c.jpg

kometan120703b.jpg

kometan120703e.jpg
Ophiocordyceps gracilioides
Host: larva of  Coleoptera. Place:Mt.Daisen. 30 Jun., 01 Jul. 2012


子嚢殻。
kometansinouka.jpg
perithecia of Ophiocordyceps gracilioides

子嚢。
kometansinou.jpg
asci of Ophiocordyceps gracilioides

子嚢胞子は64分割。コメツキタンポタケの胞子は基本種のウスイロタンポタケに比べてやや短い。
kometanhousi.jpg
 ascospores of Ophiocordyceps gracilioides

尚、コメツキタンポタケの宿主の寄主は採集した6体全て同じ種類のようだ。
「尾端節、末端鋭く尖り、側面後方に2対の突起(1対は小歯状、後側の1対は後方に向かって強く突出し末端尖る。)」(北隆館 日本幼虫図鑑による。)等の特徴からアカアシオオクシコメツキの幼虫と判断した。これも図鑑に載っていない類似種の可能性がある。

  1. 2012/07/06(金) 14:34:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<御近所巡回12 | ホーム | 大山虫草探索会2012>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/360-7cbf585c