寒波

2012/02/01、02

ここ数年暖冬が続いていたが、この冬はいつになく寒さが厳しい。特に先週から今週にかけてはこの冬一番の寒さになっているようだ。
1日は知人の展覧会を観に街に出たついでに、オオセミタケの坪を見に行った。1月の初めに来た時にはまだ1体も出ていなかったが、今回は1体だけ見つかった。周りを調べたが、他には出ていなかった。この時季なので例年より多いとも少ないとも言えない。この日は菌生虫草の坪には行かなかった。
oosemi120201.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 01 Feb. 2012


2日は日中でも3度Cぐらいにしか気温が上がらず、細かい雪が舞う程の寒い日になった。昼食前に近所のK寺裏の山林に菌生虫草を見に行った。雪こそ積もっていないが、地面はうっすらと白い物に被われている。昨年末に来た時には1体も出ていなかったが、今回はすぐに数体が見つかった。湿っていてぬめりがあるのでタンポタケヌメリタンポタケか見分けにくいが、色彩と出ている場所からタンポタケと判断した。露出しているものは黒っぽく、落ち葉の下にあるものは黄緑色をしている。
tan120202a.jpg

tan120202b.jpg

tan120202c.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Nagaokakyo. 02 Feb. 2012


少し離れた場所にはヌメリタンポタケが出ていた。これもまだまだ小さい。
nume120202a.jpg

nume120202b.jpg
Elaphocordyceps longisegmentis
Host:Elaphomyces sp. Place:Nagaokakyo. 02 Feb. 2012


  1. 2012/02/02(木) 16:05:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<菌生虫草は花盛り | ホーム | 年末から年始>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/347-61d100f3