採集会 in 大山

2011/07/9~10

島根県に赴任したAさんのお誘いで、虫草祭の下見を兼ねた採集会があった。参加者はいつもの京都のメンバーの他、丹後のメンバー、香川のメンバー、S田さん親子、それに加えて広島県から尾道太郎君一家が参加した。尾道太郎君は小学四年にして大人顔負けの論文まで書く、将来が楽しみな虫草少年だ。
米子行きの高速バスで午頃大山着、迎えにきてくれたAさんの車で集合場所へ。参加者がそろうと、さっそく最初の採集地に向かう。そこは標高600mぐらいの所で、道路脇にブナ林が続いている。Aさんが事前に下見をしていた場所に案内してくれたので、すぐに見事なエゾハルゼミタケに出会うことができた。
ezoha110709a.jpg

ezoha110709b.jpg

ezoha110709c.jpg

ezoha110709d.jpg
Ophiocordyceps longissima
Host:nymph of cicada. Place:Mt.Daisen. 09 Jul. 2010


その後は散開してそれぞれ探索に入る。エゾハルゼミタケは虫草としてはかなりの大型だが、落ち葉にまぎれてなかなか見えない。結局、Aさんが事前に付けておいてくれた目印のテープに頼ることになる。おかげで次々とエゾハルゼミタケが見つかるが、掘り出すのがなかなか難しい。落ち葉の下の土は真っ黒でやわらかく、最初のうちは掘り易いのだが、掘れども掘れども柄は深く続いていて、なかなか寄主のセミ幼虫に辿り着けない。次から次に木の根が行く手を阻み、掘れば掘る程土は堅くなっていく。3体ほど続けて掘ったが、どれもギロチンしてしまった。(ギロチンとは業界用語で途中で切れてしまうことを言う。)他のメンバーも同様らしく、あちこちで落胆の叫び声が上がっている。どうやら少し時期が遅いために虫草が古くなっているようだ。
4体目はそれまでに増して慎重に掘ったのだが、それでもやはりギロチンしてしまった。ただ、そこから少し掘るとセミ幼虫が出てきたので、持ち帰って繋げることにした。
他にはコメツキタンポタケが見つかった。朽木から出る種類と思っていたが、ここでは地面から出ている。
kometan110709a.jpg

kometan110709b.jpg
Ophiocordyceps gracilioides
Host:larva of Coleoptera. Place:Mt.Daisen. 09 Jul. 2010


初日はそこ一カ所だけで終えた。慣れない環境のせいか、それとも目が衰えてきたのか、結局自力では全く見つけることができなかった。
ホテルに着いて夕食の後虫草談義。

翌日はもっと標高の高い場所に行った。約900m。水はほとんどないが沢のような場所だ。
ようやく目が慣れてきたのか、すぐにエゾハルゼミタケが一体みつかった。
ezoha110710a.jpg
Ophiocordyceps longissima
Host:nymph of cicada. Place:Mt.Daisen. 10 Jul. 2010


ここは標高が高いせいか昨日のものより新しいようだ。土質はやや荒く石が混じっているが、昨日よりもむしろ掘り易い。なんとかギロチンせずに掘り出すことができた。エゾハルゼミタケについてはこれで満足したので、他の種類を探す事にした。ここは朽木生の虫草が多いということなので目標をそちらに修正する。今年は冬の大雪のせいで例年よりも虫草が少ないということだが、それでもいくつかはみつかった。ほとんど全てが未熟だ。虫草祭の下見も兼ねているので、未熟なものは採らない約束だ。というわけで写真だけ。これは未熟なクチキフサノミタケ。
husa110710a.jpg
Ophiocordyceps clavata
Host:larva of Coleoptera. Place:Mt.Daisen. 10 Jul. 2010


他にクチキムシツブタケ、他の人はサビイロクビオレタケなども見つけていたようだが、いずれも未熟。
これはAさんに教えてもらったホソエノアカクビオレタケ。十数本生えていたが、ほとんどは未熟。
hosoeaka110710b.jpg

hosoeaka110710a.jpg
Cordyceps rubrostromata
Host:larva of Diptera. Place:Mt.Daisen. 10 Jul. 2010


ここでいくつかのグループが先に帰り、残りのメンバーで次の場所へ移動。

ここには地面から生える小型のアリタケが出るという。Aさんに教えられた辺りを探すが、集中力が途切れているのか全く見つからない。Aさんに教えてもらいつつようやく3体手にすることができた。外見はマルミノアリタケそっくりだが、非常に小さい。
ari110710a.jpg

ari110710b.jpg
Ophiocordyceps formicarum?
Host:adult of ant. Place:Mt.Daisen. 10 Jul. 2010


ここでは他にアワフキムシタケやコメツキタンポタケが見つかった。

午後は昼食後にもう一度午前中の沢を探索した。
シロサンゴタケがいくつかと、未熟なクチキフサノミタケがいくつか見つかった。
sirosan110710.jpg
Polycephalomyces formosus
Host:larva of Coleoptera. Place:Mt.Daisen. 10 Jul. 2010


husa110710b.jpg
Ophiocordyceps clavata
Host:larva of Coleoptera. Place:Mt.Daisen. 10 Jul. 2010


  1. 2011/07/12(火) 10:07:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<エゾハルゼミタケ | ホーム | クビオレアリタケ2>>

コメント

尾道太郎

ignatiusu様
プレ虫草祭ではありがとうございました。仕事とは言え皆さんより早く帰宅したことブログを拝見して後悔いたしました。
エゾハルゼミタケは掘り取りに苦労いたしましたが、宿主を見た時の達成感はすばらしくいいものですね。ホソエノアカクビオレタケは初めて見る虫草でした。優しく指導していただき勉強になりました。クチキフサノミタケは追培中です。来月また
お会いできること楽しみにしております。
  1. 2011/07/12(火) 21:21:17 |
  2. URL |
  3. 尾道太郎 #K1MSBag.
  4. [ 編集]

尾道太郎さん、コメントありがとうございます。私もエゾハルゼミタケを掘るのは初めてだったので、何本もギロチンしてしまいました。
最初に行った場所のものはやはり少し古くなっていたようで、胞子もばらばらになっていました。
今度もまた見た事が無い種類が見つかるといいですね。私も楽しみにしています。
  1. 2011/07/13(水) 10:20:18 |
  2. URL |
  3. ignatius #ysthiAkw
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/330-a2b294a3