二週間遅れ

2011/05/03

K川へ。例年なら連休の頃は暑いぐらいなのに,今年はなかなか気温が上がらない。なんと、まだ山桜がきれいに咲いている。山藤がきれいなはずの時季だが、気配もない。季節の歩みがおよそ二週間ぐらい遅れているようだ。
一週間前の4月25日に来た時は、数ミリほどのサナギタケが一体だけ顔を出していたが、やや大きくなってはいるもののまだまだ小さい。(左は4月25日、右が5月3日)
sana110503b.jpg
Cordyceps militaris
Host: pupa of  Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 25 Apr.(left), 3 May(right) 2011

さんざん捜しまわったが結果は計2体のみ。もう一体のほう。
sana110503a.jpg


その後キャンプ場の方に回る。バーベキューをしているグループのそばをすり抜けて奥へ。棍棒型菌生不明種の坪に向かう。
途中の山道沿いの斜面でタンポタケが見つかった。時期的にはかなり遅い。
tan110503.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Nagaokakyo. 3 May. 2011


さらに進んで急斜面をのぼり、目印を付けておいた場所へ。かぶせておいた落ち葉を掻き除けてみるとかなり大きくなった棍棒型菌生不明種があらわれた。ほぼ完熟といったところだろう。
kon110503d.jpg

kon110503a.jpg

kon110503b.jpg
Elaphocordyceps sp.
Host:Elaphomyces sp. Place:Nagaokakyo. 3 May. 2011


尚、ここはこんな感じの急斜面で足場はほとんど無く、ちょっと気を抜くと滑落してしまいそうな場所だ。
kon110503c.jpg


  1. 2011/05/05(木) 23:51:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<いきなりの夏 | ホーム | 棍棒型菌生不明種>>

コメント

Re: タイトルなし

ウエスギ様

はじめまして。虫草日誌Rへのコメント、ありがとうございます。めったにコメントのないブログなので気付くのが遅れました。

> 瀬戸市内の森林では7月の上旬に10種程度が見られますが、

春でもオオセミタケやタンポタケ、サナギタケなどは見られると思いますので、さがしてみてはいかがでしょうか?イトヒキミジンアリタケなどは年中見られます。

> 見分けのポイントなどをお尋ねできるかたがいません。
> 中部にお詳しい方がいましたらご紹介いただけないでしょうか。

愛知県には知り合いと言えるほど親交のある方はいません。
たしか三河きのこ会の木村修司さんという方が虫草に詳しかったと記憶していますが、もう十年以上も前に数回お目にかかったことがあるだけです。
会のほうに問い合わせてみてください。

もし写真を撮られるのなら、山鳥さんの掲示板に投稿してみたらいかがでしょうか?
わたしもよく出没しています。愛知県の情報も是非欲しいものです。

http://ouen.cc/yamadori/joyfulyy.cgi

尚、ネットへの露出をきらわれるのなら、私のところに直接メールで問い合わせてくださってもかまいません。

ignatius@mbox.kyoto-inet.or.jp

大竹茂夫
  1. 2011/05/15(日) 20:26:49 |
  2. URL |
  3. ignatius #ysthiAkw
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/323-e4b5f430